OBS

6月26日の放送内容

2016/06/26  |  ブログ

今回は、大分県として取り組んでいる地震被害の支援策をぜひ知って欲しいというお話が雄城台高校の卒業生の方から寄せられました。そこで、大分県企画振興部長の広瀬祐宏さんにお越しいただくことになりました。廣瀬さんは、臼杵高校のご出身。雄城台高校の1回生の皆さんと同学年になります。
大分県企画振興部は、県庁の政策の企画や地方創生の為のお仕事などをする所です。地域を元気にする仕事は観光、芸術、文化、スポーツetc…と大変幅広く、私たちがよく知るところでは「日本一のおんせん県おおいた♨味力も満載」のキャッチフレーズや「シンフロ」など国内外に大分の魅力を発信するための取り組みも行っています。
昨年度までの取り組みで、国内外の観光客の順調な伸びをみせていた中での今回の地震。これから県としてどんな風に支援していくのか?来週詳しく伺います。
次回の番組タイトルコールは3年2組の皆さんの予定です。

photo