OBS

8月25日の放送内容

2019/08/25  |  ブログ

今週は、8月10日に行われた大分雄城台高校同窓会でのインタビューをお送りしました。懇親会は15回生の応援団の演舞からスタート!会場は一気に盛り上がりました。始めに児玉同窓会長(5回生)の挨拶。そして卒業生初の校長酒井先生(4回生)の挨拶、1回生の佐藤樹一郎大分市長の乾杯挨拶と進んでいきます。歓談後は、会場のあちらこちらでにぎやかな会話が始まります。
今回はその時代ごとに流行った曲を流しながら会場でインタビュー。司会の二人やスタッフが盛り上げます。
最後は15回生から来年の幹事16回生への引き継ぎ式が行われ、参加者全員で校歌斉唱。広い会場にもかかわらず、大勢の参加者がいたので今年はその輪が二重に!そして盛況のうちにお開きへ。番組タイトルコールの収録もご協力いただきありがとうございました。15回生の幹事の皆さん大変お疲れ様でした。16回生の幹事の皆さん、来年も楽しみにしています。

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

photo

8月18日の放送内容

2019/08/18  |  ブログ

今週のゲストは、14回生の下田康介さんでした。今年の春から大分市府内町にある株式会社西日本シティ銀行大分支店の支店長として赴任しました。実は以前あった実家が府内町で今の銀行のすぐ近く。小さい頃、トキハのおもちゃ売り場で手品の実演を一生懸命観ていたり、自転車はサイクルショップコダマでよく直してもらっていたそうです。チャーリコジマ副委員長とはそのころ出会っていたかも。またマンゴーヒデ副委員長とは前の支店長さんとの引継ぎで偶然同窓生ということを知ったそうです。銀行では地域とのつながりを大切にしていて、別府支店にいた時は法人として初めて温泉名人の称号を手にする取り組みも。中学生の時からお付き合いをしていた奥様はもちろん雄城台高校の卒業生。遠距離になった時の素敵なエピソードもリクエスト曲と一緒に聞かせて頂きました。最後に「勉強や部活などはもちろんのこと、九月祭などいろんな行事にも積極的に参加して欲しい。コミュニケーション力や想像力につながる経験はきっと社会に出てからも役に立つ」とメッセージを送ってくれました。今度はぜひ奥様も一緒に来てくださいね!
次回は8月10日に行われた雄城台高校同窓会で収録したインタビューと全員に参加していただいた番組タイトルコールを放送予定です。お楽しみに。

photo

8月11日の放送内容

2019/08/11  |  ブログ

今週のゲストは、24回生の佐藤晃央さんでした。番組には2度目の登場です。前回は高校時代はラグビー部だったことそして、「佐藤防水店」の社長さんとして、厚手の布を縫うという技術を生かし帆布をつかったオリジナル商品をつくりはじめたことなどを伺いました。今回改めて名刺をいただくと、更に事業が増えていました!もともと佐藤防水店があった場所ではカフェRike cafe.とオーダーメイドスーツのお店「Rike lab.」を。また「ジェイ・ビー ハウス株式会社」では古民家再生やリホームなどを手掛けています。大分市生石ではオリジナルの雑貨と軽食がいただけるショップ「Re-sew」、そして6月には大分オーパにオリジナルグッズや雑貨のお店「リソー・セントラル」をオープンしました。多岐にわたる職種の様に思ったのですが「衣・食・住にかかわることに挑戦したい」という思いを聞いて納得しました。また「思いついたことは何でもチャレンジしたい。失敗は残念なことではなく経験として生かしたい」という思いも。最後に「3年間は一瞬に感じられるほどあっという間。だからこそ、いかに今を大事にして欲しい」とメッセージを送ってくれました。ちなみに、来月ラグビーワールドカップは全試合見る予定だそうです。
先日、雄城台高校同窓会で収録したインタビューと全員に参加していただいた番組タイトルコールは8月25日に放送予定です。お楽しみに!

photo

8月4日の放送内容

2019/08/04  |  ブログ

今週のゲストは、大分舞鶴高校58回生の高橋周平さんでした。大分市のLIF‐Tでパーソナルトレーナーのお仕事をしています。すっきりと鍛え上げられた体はさすが!といった雰囲気です。あまりの胸板の厚さに「もしかして、ラグビー部でした?」と伺うと、その通りでした。もちろん花園に出場されています。当時はフッカーで今よりも15キロほど体重も重かったとか。思い出の試合の一つとして、雄城台高校と県の決勝で戦った時のことも話してくれました。今はパーソナルトレーナーとして舞鶴高校ラグビー部に行くこともあります。
舞鶴高校でラグビー部に入ることは初めから決めていた訳ではなかったそうです。子供のころから水泳や体操、小学校では柔道、中学ではバレーと様々なスポーツを体験し、その間に鍛えられたことを活かしてラグビー部へ。高校卒業後大学で始めたのはヨット!操縦や海の上のコース取り、相手との駆け引きなど、体力も頭もフル稼働するそうです。最後に「勉強でもスポーツでも全力でやることが大事。なんでも好きなことを全力でやれば後できっといいことにつながる」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組のタイトルコールは3年7組の皆さんの予定です。8月10日はオギデンも全体同窓会会場におじゃまします。タイトルコールの収録を行う予定なので、ご協力よろしくお願いします!

photo

7月28日の放送内容

2019/07/28  |  ブログ

今週のゲストは、26回生の姫野友美さんでした。TVのリポーターとして活躍中です。一昨年の全体同窓会ではクイズコーナーの司会もされていました。子供の頃はテレビと会話するほどテレビ好きで、気がつけば今のお仕事に。結婚をしてしばらくお休みをしていましたが、久しぶりに復帰。家族の皆さんの理解があって、続けていけるといいます。特にお子さんたちはテレビに出てくるお母さんの姿を楽しみにしているようで、姫野さんにとってもその応援が励みになっているそうです。
高校時代は、吹奏楽部。中学生のころから雄城台の吹奏楽部にあこがれて進学。入部当時は腹筋をはじめ運動部の様な基礎練習が続きます。なかなか楽器を扱うこともできず、やっぱり高校は違うなぁ。と思うことも。ですが基礎練習や思い楽器運びなどのおかげで部員の皆さんはかなり体力が鍛えられたそうです。最後に「一生懸命頑張っていても、時にはうまくいかないこともある。しかし一生懸命頑張っていることは絶対無駄にはならないので頑張って」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組のタイトルコールは3年6組の皆さんの予定です。

photo

7月21日の放送内容

2019/07/21  |  ブログ

今週のゲストは、37回生の高橋宥吉さんでした。現在は病院で理学療法士としてお仕事をしています。理学療法士は厚生労働大臣の免許を受け、医師の指示の下に高齢者や人体機能障害を持つ人の日常生活における基本動作・運動能力回復・維持のためマッサージや体操など物理的な治療を用いながらリハビリテーションの指導や助言を行う仕事です。目指したきっかけは同じ仕事をしていたお父さん。その姿にあこがれて、中学生くらいから理学療法士になりたいと思っていたそうです。仕事はもちろん大変なこともありますが患者さんや家族の皆さんの笑顔や「ありがとう」の言葉が力になっているそうです。
高校時代はラグビー部で、1年から3年まで花園予選の決勝戦に出場しました。思い出に残っている試合の一つが福岡のグローバルアリーナで行われた試合。惜しくも花園出場がかなわなかったチームが全国から集まって行われる大会で、以前対戦して、かなわなかったチームに快勝した時のうれしさは忘れられないそうです。最後に「自分の学生時代は部活に一生懸命だった。現役の学生さんには、部活に遊びに恋に、今しかできないことに一生懸命になって欲しい」とメッセージを送ってくれました。先週のゲスト34回生の衛藤友衣菜さんとの意外な共通点。実は高橋さんも九月祭のカラオケ大会のチャンピオンでした!続けてチャンピオンが登場するとは、びっくりです!
次回の番組のタイトルコールは3年5組の皆さんの予定です。

photo

7月14日の放送内容

2019/07/14  |  ブログ

今週のゲストは、34回生の衛藤友衣菜さんでした。八鹿酒造株式会社で商品企画などのお仕事をしています。最近はスパークリングの純米酒「八鹿スパークリングNiji」の開発にも携わったそうです。このお酒は、SAKE COMPETITION 2019のスパークリング部門においてGOLD賞を受賞しています。また、オンラインショップの店長として、お勧めの商品も色々と紹介しているそうですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。
休日には友人のゲストハウスのボランティアに出かけることも。お客さんの応対はもちろんですが、建物を作る時にもお手伝いに出かけたそうです。最近は7月20日(土曜日)に行われる九重町下旦祇園の山鉾作りのお手伝いに出かけているそうです。当日は、昼間はにぎやかな巡行、夕方からはステージでのイベントが行われます。衛藤さんはステージで司会も担当されるそうですよ。ぜひ出かけてみてくださいね!
最後に「やらずに後悔することのないように、興味のあることには積極的にチャレンジして!」とメッセージを送ってくれました。高校時代、九月祭のカラオケ大会では優勝をしたそうです。興味のあることに挑戦してみる、そしてみんなで楽しい時や空間をつくっていくことへのチャレンジはまだまだ続いているようです。
次回の番組のタイトルコールは3年4組の皆さんの予定です。

photo

7月7日の放送内容

2019/07/06  |  ブログ

今週のゲストは、大分舞鶴高校27回生の安藤和宏さんでした。現在、由布高校の体育の先生でラグビー部の監督も務めています。すらりと高い身長と体つきの良さはラガーマンのイメージ通り。高校時代はキャプテンで、強豪チームは全国大会で3位になりました。更に高校生の日本代表選手にも選ばれ、副キャプテンも任されます。大学でも競技を続け大分で教員になります。母校大分舞鶴高校の監督も務められ、先輩たちから受け継ぐ強さと思いを伝えてきました。
実はチャーリコジマ副委員長とは幼い頃からの知り合いで、3校合同選抜でそれぞれ別の高校へ。中学の時はサッカーをしていて高校でも続けるつもりでしたが、入学して間もなく当時のラグビー部の監督の誘いを受け入部。それが人生を変えてくれる素晴らしい出会いの一つだったと振り返ります。「目の前のことを一生懸命すればきっといいことがある。あきらめず全力でぶつかっていけば、チャンスはきっとくる」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組のタイトルコールは3年3組の皆さんの予定です。

photo

6月30日の放送内容

2019/06/30  |  ブログ

今週のゲストは、19回生の廣瀬淑子さんでした。大分市賀来で「ふわり愛の天使」というサロンを開いています。もともと香りや自然が好きだったそうで、子供のころ「アロマテラピーの香りで癒される」という新聞記事にとても興味をひかれたそうです。社会人になってストレスを感じる生活の中で、ふと新聞記事を思い出しアロマの勉強をスタート。現在アロマセラピスト、アロマブレンドデザイナー、アロマハンドセラピストなど様々な資格を生かしてアロマテラピートリートメントやベビーマッサージなどをしています。今回は今注目の日本産の和精油をいろいろお持ちいただき、スタジオ内であれこれ嗅がせていただきました。温州ミカン、瀬戸内レモンなど同じ柑橘類でもそれぞれ違いましたし、同じハッカでも産地によってそれぞれ香りが違っていました。さらに「令和」をイメージしてブレンドした精油も。こちらは鼻の奥に柑橘の漂う落ち着く香りでした。最後に、「いろんなことがあっても、あきらめず続けていくことが一つの道につながる。やりたいことをあきらめず、こつこつ続けて!」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組のタイトルコールは3年2組の皆さんの予定です。

photo

photo

6月23日の放送内容

2019/06/23  |  ブログ

今週のゲストは、36回生の安東和希さんでした。現在、溝口建測株式会社で建築測量工の仕事をしています。仕事柄、炎天下で作業することも多く日焼けした顔がとても印象的でした。主にビルなどの大きな建物を手掛けるそうで、最近携わった建物は昭和電工武道スポーツセンター。建設された後、形や地図に残っていく仕事はとてもやりがいを感じるそうです。
中学1年生の時にラグビーを始め、高校の時は9番スクラムハーフ。ポジションごとに役割があってそれぞれがかみ合って展開していくゲームの楽しさなどもお話してくれました。最近は残念ながらゲームに参加できないそうですが、機会があればまたプレーしてみたいという思いも。最後に「高校でできる仲間は一生の友達。部活も勉強も恋も、今しかできない自分のやりたいことを一生懸命やってください」とメッセージを送ってくれました。
次回の番組のタイトルコールは3年1組の皆さんの予定です。

photo

1 / 2612345...1020...最後 »