OBS

鉄輪むし湯

2016/02/12  |  別府市

photo
【場所】別府市鉄輪上1組
【電話】0977-67-3880

【営業時間】6:30~20:00(最終受付19:30)
【休業日】第4木曜日(祝日の場合は翌日)
【料金】510円※浴衣としてTシャツ、短パンを持参、レンタルは210円

【アクセス】別府ICより車で約10分
photo
photo

◆温泉メモ
【温泉の色】透明

【温泉の温度】むし湯:99度、貯湯槽:83.4度、足蒸し:99.6度
【温泉の成分】むし湯:単純温泉、浴槽:ナトリウム塩化物泉、足蒸し:単純温泉

【適応症】

・むし湯:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

・浴槽:きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

・足蒸し: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

【浴室・浴場】石室(むし湯):男女各1、内湯:男女各1、足蒸し

【特記事項】鉄輪むし湯の特徴は、石菖という薬草が敷き詰められた室温約75度の石室で横たわり、温泉の蒸気で文字通り蒸されるのです。

約10分間、たくさん汗をかいたあとは良質な温泉にゆっくりと浸かって
リラックスすることができます。

2016年2月12日現在

33.316361,131.478047
路地の間から立ち上る湯けむりに温泉地にやってきたわくわく感を感じる鉄輪温泉。今回のむし湯はその一角にあります。敷地の前には健康祈願の「一遍湯かけ上人」の像や足元を蒸す「足蒸し湯」があります。
むし湯は石室と呼ばれる部屋に湯あみ着をきて入ります。中は薄明りが灯っていて、石の枕にタオルを敷いて横になります。床一面には石菖という薬草が敷き詰められていて独特の香ばしいような香りがしました。入って2~3分もすると吹きだすような汗が。8分ほど経つと、係の人が声をかけてくれますが、もう少し入りたい方はさらに2分ほど延長できます。外に出たら手足についた薬草を払ってから内湯へ。(サウナのように繰り返し出入りはしません)そして、温泉に浸かってゆっくりすごしてください。初めての方でも係の方が入り方など丁寧に教えてくれるので安心して入ることができます。全身しっかり蒸された後の気持ち良さが癖になりそうな温泉でした。