OBS

白水鉱泉 黒嶽荘

2016/04/01  |  由布市

photo

【場所】由布市庄内町阿蘇野2259
【電話】097-585-1161
【営業時間】8:00~17:00
【休業日】無し
【料金】大人:300円、小学生:200円、幼児:無料
【アクセス】庄内町役場より車で20分

photo

◆温泉メモ
【温泉の成分】単純炭酸泉
【温泉の色】無色透明
【温泉の温度】9度
【温泉の効能】心臓弁膜症、心筋炎、貧血症、更年期障害 他
【浴室・浴場】男女内湯各1室
【特記事項】
阿蘇くじゅう国立公園の黒岳の麓で高濃度炭酸の白水鉱泉が湧く黒嶽荘。登山者が下山後に鉱泉で疲れを癒しています。内湯には浴槽が2種類あり、源泉そのままの冷泉と加温した温泉に入れます。食事もでき、名物のエノハや地鶏の炭火焼、名物炭酸そうめんがあります。汲んだ炭酸水に砂糖を入れると天然サイダーができます。

2016年4月1日現在

33.118452,131.313476
今回取材に伺ったのは、3月の中ごろ。車でほど近い男池湧水の周りでは小さな葉が少しづつ地面から芽吹き始めている頃でした。旅館では水も汲めるので県内はもとより県外ナンバーの車もたくさんやって来ていました。到着してまずは、炭酸水を1杯。「微炭酸」という言葉がぴったりの癖がなく優しい口当たりのお水です。こちらではこの冷鉱泉を沸かして温泉にしています。浴室の中には約9度の源泉の入った湯船と温かいお湯の湯船が隣り合わせになっているので交互につかることでより血行をよくしてくれます。かなり冷たいので、くれぐれも無理はしないように。
 温泉とあわせて、こちらでは食事もできます。地鶏の炭火焼きや季節限定の炭酸水を使った吹きあげそうめんなどが人気です。(今年は4月から始まります)また、国内はもとより、海外でも人気がある「1年熟成ゆずごしょう」や新作の「食べるゆずこしょう」もお土産におすすめです。取材後に、地鶏にゆずこしょう、そうめん、食べるゆずこしょうをディップした野菜etc…自然の中で食べる雰囲気と相まって本当に美味しかったです。この辺りでは、これからシャクナゲが咲き始め、毎年連休明けくらいまで楽しむ事ができるそうです。自然の心地よさも一緒に楽しんでくださいね。