OBS

道の駅やよい やよいの湯

2018/01/12  |  佐伯市

photo

photo

photo

【場所】大分県佐伯市弥生大字上小倉898-1
【電話】0972-46-5841
【営業時間】 [開館時間]10:30~23:00 / [入浴時間]閉館の15分前まで(入浴受付は、10:30~22:15)
【料金】
[内湯]大人 500円(中学生以上)小学生 300円(小学生未満は無料)
[家族湯]1,500円+入浴料/90分(要予約)
【休業日】毎月第2火曜日
【アクセス】東九州自動車道 佐伯ICより車で約10分

photo

photo

◆温泉メモ
【温泉の色】透明
【温泉の効能】死海の湯:美肌効果
【浴室・浴場】
[洋風風呂]死海の湯、カルシウム温泉、遠赤外線サウナ、洋風露天風呂(女性:奇数日/男性:偶数日)
[和風風呂]光明石温泉、うたせ湯、塩サウナ、露天風呂
[家族風呂]

2018年1月12日現在

32.965049,131.838803
今回は、道の駅やよいにおじゃましました。こちらの道の駅には特産物が並ぶ「弥生ぴかいち」全国でも数少ない淡水魚の水族館「番匠おさかな館」もあります。「やよいの湯」は温泉ではないのですが地下の水をくみ上げて沸かしています。大浴場は和風と洋風の2つあって、男女が日替わりになります。洋風風呂は、奇数日が女湯、偶数日が男湯です。取材におじゃました時は洋風風呂が女湯でした。ジャグジーやサウナ、露天風呂など様々な湯船がある中、一番の特徴は「死海の湯」。死海は一般的な海水と比べ塩分が10倍、ミネラルが30倍あるといわれています。また死海では体が浮かぶイメージがありますが、体脂肪の少ない方は浮かびにくいこともあるそうです。私はお湯に体を預けて気持ちよく浮かびました!今月1月20・21日には北の鍋シリーズ第2弾。石狩鍋が楽しめるイベントもあるそうです。ぜひお出かけください。