OBS

【パペレラ】 今回も多彩な楽曲で楽しいコンサートでした!

放送日:(2016/7/09,7/16)  |  放送内容

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

【パペレラ】 今回も多彩な楽曲で楽しいコンサートでした!
放送日: (2016/7/09,7/16)
出演者: 梅香家 由香(うめがえ・ゆか / フルート)
梶谷 亜希子(かじたに・あきこ / ヴァイオリン)
藤野 新一(ふじの・しんいち / ギター)
プロフィール: パペレラは大分市内の音楽教室の講師仲間のみなさんによるグループで、結成は平成11年。フルート、ヴァイオリン、ギターという県内でも珍しい編成のグループです。結成から今日までコンサートやイベントでの演奏、訪問演奏など県内を中心に活動されています。レパートリーは、クラシックからポピュラー、映画音楽までと幅広く、「ウエンズデイ・コンサート」にも10年以上出演されています。
演奏曲目:
(7月9日)
中村八大メドレー
こんにちは赤ちゃん~おさななじみ~遠くへいきたい

コンドルは飛んでゆく~花祭り
(アンデス民謡)


(7月16日)
三ッ星
作曲:東儀 秀樹

秋メドレー
村祭り(作者不詳)
この道~赤とんぼ (山田耕筰 作曲)
里の秋 (海沼 実作曲)

番組が始まってから4回目のご出演となるパペレラのみなさん。今回も懐メロからテレビでお馴染みの曲、タンゴまで幅広いジャンルの曲をお届けくださいましたが、毎回必ず演奏するのが「コンドルは飛んでゆく」と「花祭り」、2曲のアンデス民謡です。アンデスなど南米に古来から伝わる音楽・・・というイメージが強いですよね。実は世界的に良く知られている南米の民謡の数々は、昔からの音楽にスペイン系の音楽的要素を組み合わせたものが多く、成立したのは1950年代と言われます。比較的新しい時代の音楽なんです。南米民謡のバンドにギターやヴァイオリンなど西洋の楽器がたびたび登場するのは、その影響からかもしれませんね。パペレラのフルート、ヴァイオリン、ギターという組み合わせは南米の民族音楽にもスゴくマッチします。7月9日のオンエアをどうぞお楽しみに!

 

試聴は中山晋平作曲の「雨降りお月」です。