OBS

【Myカルテット】 ウェンズデイコンサート171回目!のご出演でした

放送日:( 2016/11/26,12/3)  |  放送内容

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

【Myカルテット】 ウェンズデイコンサート171回目!のご出演でした
放送日: ( 2016/11/26,12/3)
出演者: 田中唱(たなか・しょう / 第1ヴァイオリン)
丸尾和子(まるお・かずこ / 第2ヴァイオリン)
中村恵子(なかむら・けいこ / ヴィオラ)
白沢史子(しらさわ・ふみこ / チェロ)
プロフィール: 【Myカルテット】
ジャンルを超えた幅広いレパートリーをお持ちで、学校や幼稚園、病院などで訪問演奏を行っていらっしゃいます。一方でメンバーそれぞれが、室内楽やオーケストラで研鑽を重ね、自主公演では日本のトッププレーヤー達と共演。また大分で行われた1996年のヤングコアフェスタでは常陸宮殿下の御前でピアニストと共演。2003年の全国緑化フェア、翌年の献血運動推進 全国大会では皇太子殿下、秋篠宮ご夫妻の御前で演奏されました。ウエンズデイコンサートには始まった当初から25年以上 出演されていて、その出演回数は今回実に171回目となります。
演奏曲目:
(11月26日)
もみじ
作曲:岡野 貞一
編曲:いとう たつこ

メヌエット
作曲:モーツァルト

アヴェマリア
作曲:カッチーニ

(12月3日)
弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調から第1楽章
作曲:チャイコフスキー

12月3日の放送でお送りするチャイコフスキー作曲の弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調。チャイコフスキー31歳のときの作品です。20代前半までロシア法務省の事務官、つまり公務員だったチャイコフスキーは23歳で法務省をやめ、音楽学校に入りなおしました。本格的に音楽家として活動をスタートさせたのは26歳のとき。弦楽四重奏曲第1番は、音楽学校を卒業後、モスクワ音楽院で先生をしていた時に作られました。オペラ、バレエ、交響曲などなど幅広く数多くの曲を残したチャイコフスキーですが、弦楽四重奏曲は3曲しか作っていません。しかも現在は第1番以外ほとんど演奏されることはないそうです。そういった意味でも今回の演奏曲は貴重なものといえるかもしれませんね。12月3日のオンエアをお楽しみに!

試聴はドヴォルザーク作曲のユーモレスクです。