OBS

【高橋和彦・夏川由紀乃】 日本で数少ないマンドリンソリスト、ご夫婦での共演

放送日:2017/4/8,4/15  |  放送内容

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

【高橋和彦・夏川由紀乃】 日本で数少ないマンドリンソリスト、ご夫婦での共演
放送日: 2017/4/8,4/15
出演者: 高橋和彦(たかはし・かずひこ / マンドリン)
夏川由紀乃(なつかわ・ゆきの / ピアノ)
プロフィール: おふたりとも福岡市在住です。マンドリンの高橋和彦(たかはし・かずひこ)さんは、長崎県立諫早高校入学と同時にマンドリンを始められました。1986年には第10回 日本マンドリン独奏コンクールで第2位、2002年には 第7回TIAA全日本クラシック音楽コンサートで最優秀賞を獲得されています。現在は、数少ないソリストとして各地でコンサートを開いているほか、福岡や大分でマンドリン教室の講師を務めていらっしゃいます。

ピアノ伴奏の夏川由紀乃(なつかわ・ゆきの)さんは、桐朋学園大学音楽学部演奏科を卒業。1998年に第22回ピティナ ピアノコンペティション特級部門、および2台ピアノ部門で優秀賞を、第8回 日本クラシック音楽コンクール全国大会では2位を獲得されました。音楽教室の講師もお務めになっています。 去年の10月には大分マンドリンオーケストラの定期演奏会で久保田孝(くぼた・たかし)作曲ピアノとマンドリンオーケストラのための幻想曲を作曲者の指揮で演奏し、絶賛を博しました。
演奏曲目:
(4月8日)
杜の鼓動-魂の還る場所-
作曲:丸本大悟

ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー
作曲:ナイジェル・ヘス


(4月15日)

作曲:ニーノ・ロータ

太陽がいっぱい
作曲:ニーノ・ロータ

4月15日の放送では、数々の映画の名シーンを彩ったニーノ・ロータの音楽をお届けします。ニーノ・ロータは今回の放送でお届けする「道」や「太陽がいっぱい」以外にもゴッドファーザー・愛のテーマ、ロミオとジュリエット、カサノバ、甘い生活など多くのヒット作の音楽を手掛け、1973年にはゴールデングローブ賞、1975年にはアカデミー賞のそれぞれ作曲賞を受賞しました。ただロータ自身は「私はあくまでクラシック音楽の作曲家。映画音楽は趣味だ」と
事あるごとに言っていたそうです。

 

試聴はロシア民謡「ふたつのギター」です。