OBS

【パペレラ】 フルート、ヴァイオリン、ギターが紡ぐ優しい音色

放送日:(2017/7/8,7/15)  |  放送内容

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

【パペレラ】 フルート、ヴァイオリン、ギターが紡ぐ優しい音色
放送日: (2017/7/8,7/15)
出演者: 梅ヶ家 由香(うめがえ・ゆか/フルート)
梶谷 亜希子(かじたに・あきこ/ヴァイオリン)
藤野 新一(ふじの・しんいち/ギター)
プロフィール: 音楽教室の講師仲間で平成11年に結成。コンサートはもちろんイベントの賛助演奏、訪問演奏など県内を中心に活動しています。レパートリーはクラシックからポピュラー、映画音楽までと幅広く、これまでに大銀ウェンズデイコンサートをはじめ様々なコンサートに出演し好評を博しています。
演奏曲目:
(7月8日)
雨(ジリオラ・チンクエッティ)

沖縄メドレー
島人ぬ宝~島唄~ハイサイおじさん~涙そうそう

(7月15日)
ラバーズコンチェルト
作曲:サンディーリンザード

ジェラシー
作曲:ヤコブガーデ

7月15日の放送でお届けするヤコブ・ガーデの「ジェラシー」。曲のジャンルはヨーロッパ系のタンゴ「コンチネンタル・タンゴ」に分類されます。作曲者のヤコブ・ガーデはデンマークの作曲家でヴァイオリニストとしても活動していました。「タンゴ・ジェラシー」とも呼ばれるこの曲が初めて演奏されたのは1925年。ヤコブ・ガーデが46歳のときです。ジェラシーは世界的に大ヒットし、100以上の映画で使用されました。ヤコブ・ガーデはこのヒットによって以後、作曲に専念できるようになったといわれています。そして亡くなった後、印税は若手音楽家の育成基金として役立てられました。「ひとりの作曲家の人生を変えた曲」と言っていいかもしれませんね。

 

試聴はアイルランド民謡の「ホーンパイプ」です。