OBS

【ルミエールフルートアンサンブル】 フルート特集の最後を飾るのはフルートだけのアンサンブルです

放送日:2017/10/7,10/14  |  放送内容

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

【ルミエールフルートアンサンブル】 フルート特集の最後を飾るのはフルートだけのアンサンブルです
放送日: 2017/10/7,10/14
出演者: ルミエールフルートアンサンブル
プロフィール: 「ルミエールフルートアンサンブル」は、2008年に大分県内で活動しているフルート奏者を中心に結成。13人のメンバーで活動していらっしゃいます。アルトフルート、バスフルートなど特殊なフルートも使い、幅広いレパートリーのフルートアンサンブルに取り組んでいます(下写真参照)。通常、編成の大きな曲では指揮者を立てて演奏するのが一般的ですが、ルミエールフルートアンサンブルでは、これまで取り組んだ全ての曲を、指揮者なしで演奏しています。フルートの魅力である 爽やかで心地よい響きを多くの方に届けようと、結成当初から年に1度の定期演奏会、学校訪問など様々な演奏活動を行っていらっしゃいます。
演奏曲目:
(10月7日)
おもちゃのシンフォニー
作曲:L.モーツァルト

川の流れのように
作曲:見岳 章

(10月14日)
七つの子
作曲:本居長世

いい日旅立ち
作曲:谷村新司
【ルミエールフルートアンサンブル】 フルート特集の最後を飾るのはフルートだけのアンサンブルです

9月からお送りしてきたフルート特集。最後を飾るのはルミエールフルートアンサンブルのみなさんです。今回の演奏では普通のフルートより一回り大きいアルトフルート(上写真 右から2番目)、さらに大きくステッキのような形をしたバスフルート(同 右端)も使用されました。6本の様々なフルートから紡ぎ出される豊かな音色をどうぞお楽しみ下さい。そして12月には大規模なフルートアンサンブルコンサートが大分市で開催されます。「第4回大分フルートオーケストラ」です。出演者は何と140人!大規模なオーケストラでも90人程度ですからいかにその規模が大きいかがわかります。140本のフルートが一斉に音を出すと一体どんな雰囲気になるのでしょうね。「第4回大分フルートオーケストラ」は12月10日午後2時から大分市のiichikoグランシアタで行われます。入場料は一般1000円、高校生以下500円です。興味のある方、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

試聴はパッヘルベル作曲のカノンです。