OBS

【大分クラリネットアンサンブル】 フルートに続いて今回も管楽器アンサンブル!

放送日:(2017/10/21,10/28)  |  放送内容

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

【大分クラリネットアンサンブル】 フルートに続いて今回も管楽器アンサンブル!
放送日: (2017/10/21,10/28)
出演者: 大分クラリネットアンサンブル
プロフィール: 大分クラリネットアンサンブルは、2001年に大分県在住のクラリネット奏者のみなさんで結成されました。これまでに、iichiko音の泉ホールで7回のコンサートを開催したほか美術館などでの演奏、中高生のための講習会を開催するなど多方面にわたって活動を続けていらっしゃいます。ウェンズデイコンサートには2年ぶりのご出演です。メンバーは20名ですが、今回は4人のみなさんによる演奏をお届けします。
演奏曲目:
(10月21日)
ムーン・リバー
作曲:ヘンリー・マンシーニ

イエスタディ
作曲:レノン=マッカートニー

秋の童謡メドレー
紅葉~虫のこえ~小さい秋みつけた~まっかな秋


(10月28日)
翼をください
作曲:村井邦彦

麦の唄
作曲:中島みゆき

愛の挨拶
作曲:エドワード・エルガー
【大分クラリネットアンサンブル】 フルートに続いて今回も管楽器アンサンブル!

前回はフルートだけのアンサンブル、そして今回はクラリネットだけのアンサンブルグループ「大分クラリネットアンサンブル」のみなさんが登場します。前回のこの記事では大きな“バスフルート”をご紹介しましたが、今回ご紹介するのはこれまた大きい“バスクラリネット”(写真参照)。バスクラリネットは大きいだけではありません。押さえるキーの数も普通のクラリネットより多く、さらに普通のクラリネットでは使うことのない右手の親指でもキーを押さえるそうです。演奏を担当された岡原麻恵さんいわく「使う息の量も多くて大変な割りに目立たないんです」とのこと。放送では“縁の下の力持ち”バスクラリネットの音にも耳を傾けてみてくださいね。

 

試聴は「紅葉(もみじ)」です。