OBS

top_image

大山商事エコ物語(第19回)~難しい環境用語の説明をしてもらいました!

毎月第4水曜日に「村津孝仁の朝感ラジオ」の中でお送りしています『大山商事エコ物語』。

今回は、大山商事株式会社 総務部広報・企画 渡邊未世 さんにお話を伺いました。

村津アナ:まず、「大山商事」がどんな事業をしているのか教えて下さい。

渡邉さん:はい。鉄くずや自動車・農機具などを買い取って、環境に配慮しながらリサイクルをしています。さらに産業廃棄物の処分も行っています。

村津アナ:今回は、リスナーのみなさんから寄せられた意見で、「ちょっと難しかった」「もう少し詳しく教えてほしい」という感想が多かった「環境に関する用語について」もう一度振り返りたいと思います。

まずは、「ゼロ・エミッション」について改めて教えてください。

渡邉さん:はい。わかりました。

「ゼロ・エミッション」とは、廃棄物として捨てられているものを有効活用することによって、廃棄物そのものの発生量を減らし、燃やしたり埋立てたりすることを少なくします。

この事によって、産業活動から出る廃棄物のうち、埋立て処分をする量、いわゆる“最終処分量”をゼロにすることです。

私たち、大山商事でも廃棄物ゼロを目指しています。

村津アナ:なるほど~。では、「ゼロ・エミッション」について、大山商事で具体的に取り組んでいる事を教えてください。

渡邉さん:はい。大山商事では、鉄に関して、すべてを再利用できるように加工して、100%リサイクルをするなど、資源を大切にしています。

村津アナ:100%ですもんね~。

では、環境に関する用語について、もう一つ、改めて教えてほしいのですが、

「5つのR」についてお願いします。

渡邉さん:はい。「5つのR」とは、環境保護の為の取り組みに関する、5つの単語の頭文字を指しています。

その単語とは、

■ゴミを出さないようにして、ゴミを減らそうという取り組みの「リデュース」

■修理して再利用する取り組みの「リユース」

■ゴミを出すときに分別する取り組みの「リファイン」

■再資源化する取り組みの「リサイクル」

■以上の4つでも利用できないゴミは、燃やす時の熱を利用して、

エネルギーの再変換を行う取り組みの「リコンバート トゥ エナジー」

の5つです。

村津アナ:よくわかりました。

渡邉さん、ありがとうございました!

111123OA分写真

~お問い合わせ~

●大分市豊海「大山商事株式会社」

お問い合わせ)フリーダイヤル 0120-384-464

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社