OBS

top_image

大山商事エコ物語(第20回)~自動車リサイクルの具体的な方法とは?

毎月第4水曜日に「村津孝仁の朝感ラジオ」の中でお送りしています『大山商事エコ物語』。

今回は、大山商事株式会社 総務部広報・企画 河崎さおり さんにお話を伺いました。

111228OA分

村津アナ:まず、改めて「大山商事」がどんな事業をしているのか教えて下さい。

河崎さん:はい。鉄くずや自動車・農機具などを買い取って、リサイクルを行っています。

その際、環境への配慮にも気を配っています。

村津アナ:では、代表的な業務の内容としては、どんなものがありますか?

河崎さん:はい。「鉄くず」や「非鉄金属」、「自動車」、「FRP船」などのリサイクルです。主に、産業廃棄物処分業などが業務内容となります。

村津アナ:なるほど~。では、私たちにも身近な「自動車」のリサイクルは、具体的にどんな事を行うんですか?

河崎さん:使用済み自動車の解体処理の場合、まず、自動車解体の前処理工場でオイル類やフロンガスを抜き、エアバッグの処理を行います。

そして、前処理が終わったものは、自動車の解体場へ運び、解体場で、エンジンや足回りなどの鉄の部分を外します。

その後、シュレッダーと呼ばれるもので、「鉄」と「アルミなどの非鉄」に選別を行います。

村津アナ:自動車の解体処理となると、結構、時間もかかりそうですが、1日にどのくらいの処理を行っているんですか?

河崎さん:1日平均すると、200台の自動車処理を行っています。

村津アナ:・・・処理を行う時に注意している事などはありますか?

河崎さん:はい。自動車を処理する際に発生したスポンジなどのゴミは、専門の処理工場に運んで再利用することで、ゴミを出さないように注意しています。

また、処理された「鉄」や「非鉄」は、船やトラックで国内外へ運搬するようにもしています。

村津アナ:なるほど。わかりました!

さて、このコーナーも、今年最後となりますが、年末年始の営業はどうなっていますでしょうか?

河崎さん:年末は、12月30日、金曜日まで、年明けは、1月5日、木曜日から営業致します。

詳しくは・・・フリーダイヤル、0120-384-464まで、お願いします。

村津アナ:河崎さん、今年1年ありがとうございました!

来年もよろしくお願い致します。

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社