OBS

top_image

大山商事エコ物語(第30回)

『大山商事エコ物語』、今回は、

大山商事株式会社 総務部広報・企画 渡邊未世 さんにお話を伺いました。

DSCN5244[1]

Q.まず、「大山商事」がどんな事業をしているのか教えて下さい。

A. はい。鉄くずや自動車・農機具などを買い取って、環境に配慮しながらリサイクルをしています。さらに産業廃棄物の処分も行っています。

Q.今回は、リスナーのみなさんから寄せられた質問にお答え頂ければと思います。

では、1つ目です。

大分市の女性の方から頂きました。

「エコに対する、具体的な取り組みとして、大山商事では何をやっているのですか?」という質問です。

A. はい。

大山商事では、普段から、廃棄物ゼロを目指しています。

例えば鉄に関して言えば、すべてを再利用できるように加工して、100%リサイクルするなど資源を大切にしています。

Q.ありがとうございます。

では、2つ目です。

こちらは、別府市の男性の方からです。

「番組内でもよく聞く、“ゼロ・エミッション”という言葉について改めて教えてください。」との事です。

A. はい。

「ゼロ・エミッション」とは、廃棄物として捨てられているものを有効活用することによって、廃棄物そのものの発生量を減らし、燃やしたり埋立てたりすることを少なくします。

この事によって、産業活動から出る廃棄物のうち、埋立て処分をする量、いわゆる“最終処分量”をゼロにすることです。

私たち、大山商事でも廃棄物ゼロを目指しています。

Q.そうでしたね~。

では、次ですが・・・こちらは、佐伯市のラジオネーム エコ好き さん からです。

「家庭内の鉄くず処理に困っています。どうにかならないでしょうか?」

という質問です。

A. はい。お答えします。

大山商事では、処分に困っている車や、鉄くず、農機具、廃棄する医療機器などの

買取を行っています。

もし、お困りであれば、お電話下さい。直接、引き取りにもお伺いします。

鉄くずなどが、少量の場合は、ご近所や子供会などでまとめて持ち込みなどをして頂くと助かります。

Q. 佐伯市のラジオネーム エコ好きさん、お分かりいただけましたでしょうか?

さて、それでは、最後の質問です。

日出町のラジオネーム たつろう さんからです。

「いつもラジオで聞いていて、見学をしてみたいなぁと思っています。どうすればよいでしょうか?」

A. ありがとうございます!

大山商事では、随時、見学を受け付けています。

内容としましては、見分けのつきにくい、鉄とステンレスの区別などを、磁石を使って体験する事ができます。ちなみに、磁石に鉄はくっつきますが、ステンレスはくっつきません。また、展望台からは工場が一望できるようになっています。さらに、リサイクルの過程がよくわかるVTRも視聴してもらいます。

是非、お越しください。お待ちしております。

よくわかりました。

渡邉さん、どうも、ありがとうございました!

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社