OBS

top_image

大山商事エコ物語(第44回)

『大山商事エコ物語』、今回は、大山商事株式会社 総務部広報・企画

河崎さおりさんにお話を伺いました。

大山1403

村津アナ:おはようございます!

早いもので、このコーナーが始まって4年が経とうとしています。

今回は、改めて、大山商事がどういう事業をされている企業なのかを

お聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

河崎さん:よろしくお願いします。

村津アナ:では、まず、事業内容から教えてください。

河崎さん: はい。私たち、大山商事では、金属くずのリサイクルや、

産業廃棄物の処理をしています。主に金属のリサイクルを行っています。

村津アナ:金属のリサイクルについて、具体的に教えてください。

河崎さん:廃車になった車や、医療機器、農機具、ビルや橋などの建築物を

解体する際に出た金属など、あらゆる金属をリサイクルしています。

村津アナ:1日にどれくらいの量の金属がリサイクルされているのでしょうか?

河崎さん:大山商事には、1日で約200tの鉄くずが運ばれてきます。

リサイクルの作業をする際には、環境にも配慮していて、なるべく重機を使用

する時間を少なくしたり、燃焼の際にも煙を出さないようするなど工夫して、

排気ガスの排出を抑えたりもしています。

また大山商事では環境マネジメントシステムISO14001の認証も取得して

おり、環境を考えた事業活動を展開しています。

村津アナ:なるほど。

また、ご家庭で乗れなくなった車の廃車処理や農機具などの処理に困って

いる方もいらっしゃると思いますが・・・

河崎さん:はい。大山商事では処分に困っている車や、鉄くず、農機具、廃棄

する医療機器などの買取も行っています。お電話頂きましたら、引き取りにも

お伺いします。少量の場合でしたら、ご近所や子供会などでまとめて持ち込ん

で頂くと助かります。一度、ご相談ください。

村津アナ:よく、わかりました。河崎さん、どうも、ありがとうございました!

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社