OBS

top_image

大山商事エコ物語(第77回)

今回は、初めてのご出演!

大山商事株式会社 総務部広報・企画の日野綾香さんにお話しを伺いました!

IMG03628

 

Q.まずは、大山商事のエコに対する取り組みを教えて下さい

A. はい。大山商事では、金属くずのリサイクルや、産業廃棄物の処理をしています。

こちらの工場には、1日およそ200㌧の鉄くずが運ばれてくるのですが、

環境に配慮しようと、なるべく重機を使う時間を少なくしたり、排気ガスの排出を抑えています。 その際に、心がけているのが「ゼロ・エミッション」です。

Q.「ゼロ・エミッション」とは?

A. 廃棄物として捨てられているものを有効活用することによって、廃棄物の発生量を減らし、燃やしたり、埋めたりすることを極限まで減らす取り組みをいいます。最終的には、産業廃棄物の埋め立て処分の量、すなわち最終処分量をゼロにしようというのが目標です。

大山商事でも、この「ゼロ・エミッション」を掲げ、将来的には廃棄物ゼロを達成しようと努めています。

 

Q.なるほど。それでは、たとえば古くなった「自動車」のリサイクルですが、

その解体処理は、具体的にどのような工程になりますか?

A.大山商事では、1日平均200台の自動車処理を行っています。

使用済み自動車の解体処理ですが、まずは、解体の事前処理工場で、オイルやフロンガスの抜き取りを行います。また、その際に、エアバッグの処理も行います。その後、自動車解体場へ持っていき、エンジンや足回りの鉄を外し、シュレッダーにかけます。

そのシュレッダーで「鉄」と、鉄以外の「アルミ」などの選別をします。また、処理をする際に発生した「スポンジ」などのゴミは、専門の処理工場に運んで再利用します。

 

Q.処理が済んだ「鉄」や「アルミ」などは、その後、どうするのですか?

A.船やトラックで国内外へ運搬し、利用されています。

 

Q.「ゴミを出さずに、再利用する」・・・徹底していますね。

A.そうですね。

 

Q.では、ご家庭で廃車やスクラップで困っている方はどうすればよいのでしょうか?

A.大山商事では、お電話をいただければ、引き取りにもお伺いします。

お気軽にお問い合わせください。

また、数量が少ない場合は、ご近所や子供会などでまとめてお持ちこみください。

 

Q.なるほど。わかりました。

日野さん:大山商事では、このようなリサイクルの工程をわかりやすく見学できるように「社会見学」の受付も随時おこなっています。

尚、この社会見学の内容については、大山商事のホームページでご覧いただけます。事前の予約が必要となりますので、詳しくはこちらもお電話でお問い合わせください。

 

石川アナ:日野さん、ありがとうございました!

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社