OBS

top_image

大山商事エコ物語(第85回)

今回も大山商事株式会社 中島容子 さんにお話しを伺いました!1505867858788

 

Q.まず、「大山商事」がどんな事業をしているのか、あらためて教えて下さい。

A. はい。私たち大山商事では、鉄くずや自動車・農機具などを買い取り、環境に配慮しながらリサイクルをしています。さらに産業廃棄物の処分も行っています。

 

Q. 先月も、「スタート」リスナーのみなさんから頂いた大山商事さんへの質問に答えてもらいましたが、今月も色々と教えて頂きたいと思います。

A. はい。よろしくお願いします。

 

Q. では、まず 先月もこのコーナーの中で紹介していただきました環境用語の「5R」について、もう一度教えてください。

A.はい。リサイクルの話をする時によく使う5つの英単語の頭文字Rをまとめて「5R」といいます。その単語と簡単な意味を1つずつ説明しますと、

「リデュース」は、ゴミを出さない、

「リユース」は、ゴミになりそうなものでも、修理して再利用する、

「リファイン」は、出すゴミは、リサイクルしやすい用に分別する、

「リサイクル」は、ゴミは回収して、違う製品の原料として利用する、

「リコンバート・トゥ・エナジー」は、これらの事でも処理できないゴミの場合、燃やす時の熱を利用する・・・という意味です。

 

Q. では、もう一つ、リスナーの方によくいただく質問に「自動車の解体」についての質問が多いのですが、実際に使用済み自動車の解体処理はどのような過程で行われるのでしょうか?

A.はい。まず、自動車の解体の前処理工場でオイル類やフロンガスを抜き、エアバッグの処理を行います。

そして、前処理が済んだ物は、自動車の解体場へ持っていきます。

解体場では、エンジンやサスペンションなどの足回りの鉄を外します。

この後、シュレッダーにかける訳ですが、シュレッダーでは、鉄とアルミなどの

鉄ではない物、いわゆる「非鉄」と呼ばれる物に選別を行います。

大山商事では、1日平均、およそ200台の自動車処理を行っています。

 

Q. ありがとうございます。では、最後に大山商事で行われる社内見学の内容を教えて下さい。

A. はい。主な見学内容は、リサイクルの過程がよくわかるVTRでリサイクルの仕組みを学ぶコーナーや、見分けのつきにくい「鉄」と「ステンレス」の区別などを、磁石を使って体験できる体験コーナー、また展望台からは工場の様子を一望することもできます。

 

吉田アナ:なるほど、中島さん、今回もありがとうございました!

 

中島さん:ありがとうございました。

 

(終わり)

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社