OBS

top_image

大山商事エコ物語・第3回

毎月第4水曜日に「村津孝仁の朝感ラジオ」の中でお送りしています『大山商事エコ物語』。

「大山商事」は、主に金属くずのリサイクルや、産業廃棄物の処理を行っており、
そのエコに対する事業展開が評価され、2004年8月には「環境マネジメントシステム ISO14001」の認証を取得しました。

今回は、大山商事株式会社 総務部 広報・企画 河崎さおりさんにお話を伺いました!

photo

Q.今回のテーマは何でしょう?

A.今回は「リサイクル」の具体的な工程をご紹介します。

Q.大山商事では、主にどのようなものをリサイクルしているのですか?

A.代表的なものとしては「鉄くず」「非鉄金属」「自動車」「FRP船」などが挙げられます。

Q.それでは、例えば古くなった「自動車」のリサイクルですが、その解体処理はどのようにするのですか?

A.使用済みの自動車解体処理についてですが、まずは、事前処理工場でオイルや フロンガスの抜き取りをします。
また、その際に、エアバッグの処理もします。
その後、自動車解体場に持っていき、エンジンや足回りの鉄を外し、シュレッダーにかけます。

Q.シュレッダー??

A.はい。そのシュレッダーで「鉄」と、鉄以外の「アルミ」などに選別します。
また、処理をする際に発生した「スポンジ」などのゴミは、専門の処理工場に運んで再利用します。

Q.処理がすんだ「鉄」や「アルミ」などは、その後どうするのですか?

A.船やトラックで国内外へ運搬して、利用されています。

Q.「ゴミを出さずに再利用する」・・・徹底していますね。

A.そうですね。

photo

エコ丸ちゃんとリサイクル王子でおなじみの「大山商事」。
これからも耳寄りな情報をお届けします!
次回の放送は7月28日(水)を予定しています。
お楽しみに!!

photo

大山商事・フリーダイヤル:0120-384-464 大山商事株式会社