OBS

OBS大分放送 会社情報

Main menu:

最新の番組審議会だより

以前の番組審議会だより

番組審議会だより

平成13年12月号

1.開催日
平成13年12月17日(月)正午

2.開催場所
大分市・東洋ホテル

3.議題
[1]ラジオ・テレビ年末年始特別番組について
[2]視聴番組
テレビ「窓をあけて九州~ウェルカムBEPPU~」
放送:平成13年11月25日(日)10:00~10:15
[3]その他

4.出席者
溝口 薫平(委員長)、肥田木 孜(副委員長)、野崎 哲、赤尾 重信、由佐 康子、川原  大
田辺 正勝、後藤 誠、伊藤 安浩、
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつの中で、今年はラジオ番組が連盟賞を受賞するなど番組制作の良い芽が出て来た。来年もさらに、制作力を強化し県民に信頼されるメディアを目指したいと述べた。続いて、ラジオ・テレビ年末年始特番等について担当者が報告。視聴番組、テレビ「窓をあけて九州~ウェルカムBEPPU~」を視聴・合評した。この番組は、立命館アジア太平洋大学の開学で外国人留学生が増えている別府市。その別府市役所の外国人登録に勤務している阿部純子さんが主人公。阿部さんは、生活習慣や言葉に慣れていない留学生を手助けしたり、イベントやホームパーティーで留学生との交流の輪を広げている。阿部さんの日常を通して国際交流のあり方を考える。

<委員から出された意見の概要>
○テーマもいいし、バランスがすごく良かったが、もうひとつ盛り上がりというかポイントみたいなものがあれば良かった。
○明るく楽しく交流しているというのは、パーティーなどで分かるが、もっと異文化の違いを取り上げて欲しかった。
○純子さんが、明るく一生懸命頑張っている姿が表現されていていいが、彼女が何を考え、どういう思いで、どう接しているのか、もう少しそこのところをよく教えてもらうと良かった。純子さんのインタビューが少なかった。
○留学生の持っている多様性が、踊りとか歌などで良く表現されていて良かった。
○非常に刺激的なテーマなので15分番組の1回きりではなくて、色んな切り口でこれからも取り上げて欲しい。
○留学生が別府や日本の文化をどう見ているか、その辺をテーマに次の番組展開として探ってみては。
○それぞれの国や民族が持っている固有の文化を番組の中で、もう少し見せて欲しかった。
○市役所の一職員が、これほど明るく別府のイメージを伝えることは大変素晴らしいと思う。そうした交流を通して、国際交流の輪が大きく広がって行くことを期待したい。

平成13年11月号

1.開催日
平成13年11月19日(月)正午

2.開催場所
大分放送本社会議室

3.議題
[1]ラジオ・テレビ11月・12月の特別番組について
[2]視聴番組
ラジオ「もう一度歌いたい私の『白線流し』」
放送:平成13年5月27日(日)16:00~16:30
[3]その他

4.出席者
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、赤尾重信、由佐康子、川原大、
後藤誠、伊藤安浩
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつの中で、東京で行われた「民間放送50周年記念全国大会」の席上で大分放送制作のラジオ番組が2部門で連盟賞を受賞した旨の報告があり、これからも制作力を強化して、地域に密着したローカルメディアをめざしたいと述べた。
続いて、ラジオ・テレビ11月、12月の特別番組等について担当者が報告。視聴番組、ラジオ「もう一度歌いたい、私の「白線流し」」を聴取。合評した。
この番組は、別府市出身の元歌手木村美保さんが主人公。彼女は、昭和50年に「白線流し」という歌でデビュー。その後、病気などで人生の岐路に3度立った彼女だが、周囲の人たちに支えられて、待望のCDを完成させる。そのCDを持ってデビュー当時キャンペーンで訪ねた岐阜県高山市斐田高校の卒業式の伝統行事「白線流し」をもう一度見てみたいと訪ねる。彼女の新しい人生を見つける旅を描いた番組。
<委員から出された意見の概要>
○皆んなで木村さんを励ますような盛り上がりを感じる番組だった。耳が不自由なのが残念。
○構成が良くて、スムーズに話の中に入って行けたし、良い感じで聴けた。哀愁を感じる作品だった。
○思いやる気持ちが育っていったということが、聴く側にとっても光が見えたようで良かった。
○耳を澄まして聴いていると、人間の声というのは、こんなに表現的なものなのかと感じた。音楽は耳で聴くものだし、かつ音楽を歌う人でありながら耳の病気にかかるという、ラジオ媒体と重なってすごく印象に残る番組だった。
○これを機会に励まし、勇気付けられることが出来ればと思う。こうした番組は障害を持つ人たちに、是非、聴かせてあげたい。再放送して欲しい。

平成13年10月号

1.開催日
平成13年10月22日(月)

2.開催場所
大分放送本社会議室

3.議題
[1]ラジオ・テレビ10月・11月の特別番組について
[2]視聴番組
テレビ「窓をあけて九州~できなかった倒立~」
放送:平成13年10月14日(日)10:00~10:15

4.出席者
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、由佐康子、川原大、田辺正勝
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつの中で、大分放送は2003年10月に50周年を迎えるが、それに向けて「50周年記念事業推進本部」を発足させ、記念事業や記念番組の実施に向けて動き出したと述べた。続いて、ラジオ・テレビ10月・11月の特別番組等について担当者が報告。視聴番組、テレビ「窓をあけて九州~できなかった倒立~」を視聴・合評した。
この番組は、大野郡千歳村の千歳小学校がテーマ。秋の運動会では毎年5・6年生による組体操を演じているが、組体操の基本である倒立の練習に取り組む子供達の周辺を追い、支え合うことの素晴らしさを追った番組。

<委員から出された意見の概要>
○子供の1人しゃべりなど、いろいろとテクニカルに工夫された実験的な要素を含んだ番組だった。
○小さな学校だったので、まとまりがよく微笑ましく、とても爽やかだった。
○子供達がお宮に集まって倒立の練習をするところは、子供達の目が生き生きとして、皆んなで頑張ろうという、支え合う姿がよく描かれていた。
○彼岸花の中を歩くシーンなど、映像がとてもきれいで印象に残った。秋の企画としては大変良かった。

平成13年9月号

1.開催日
平成13年9月17日(月)

2.開催場所
大分放送本社会議室

3.議題
[1]平成13年度「JNN九州・沖縄地区番組審議会委員長会議」報告
[2]ラジオ・テレビ10月編成について
[3]視聴番組
テレビ「窓をあけて九州~校長室で五・七・五~」
放送:平成13年8月19日(日)10:00~10:15
[4]その他

4.出席者
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、赤尾重信、由佐康子
川原大、田辺正勝、草間朋子、伊藤安浩
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつの中で、アメリカの同時多発テロ事件の報道について触れ、改めてテレビメディアの威力を再確認すると同時にテレビに携わるものとしての責任を強く感じたと述べた。
続いて、7月19日に大分市で開催された「JNN九州・沖縄地区番組審議会委員長会議」について、溝口委員長が報告。ラジオ・テレビ10月編成について担当者が報告したあと、視聴番組、テレビ「窓をあけて九州~校長室で五・七・五~」を視聴・合評した。この番組は、大分県三重町の三重第一小学校をテーマにしたもので、玉田校長が始めた校内俳句を通じて、校長先生と子供たちのほのぼのとした触れ合いを描いた番組。

<委員から出された意見の概要>
○校長先生の笑顔というか、人柄というか、人相がほんとに良かった。昔の小学校の校長先生を思い出した。
○言葉で表現するというのはすごく大事なことで、小さい年齢の子供たちが、季語がどうかは別にして、言葉遊びの面から大変喜んで活動しているところに着目したのはすごく良かった。
○校長先生と子供たちの直接の関係はそれだけでもすごく価値あることだと思うが、学校の中での広がり、学校づくりの観点、一人一人の先生方の普段の教育活動の観点での広がりを見たかった。
○俳句を通して、引っ張って行く力は子供たちを生き生きさせる教育の方向だと思う。
○教職員の間でどんな実践上の変化があらわれているか見たかった。変化がなくても、先生方のコメントがあればすごく立体的になったと思う。
○15分番組で学校づくりの観点や、学校の中での広がりは難しいのでは。本当にこうした教育のあり方もあるのだと投げかけてくれて良かった。安心して見れた。
○俳句を通して、何気なく自然を観察させるという行為はすごくいいなと思った。すごくさわやかに見れて、良い番組だと思った。
○15分でよくまとまっていた。これを機に、父母や教職員の間で俳句の会が出来て、初めて作る俳句に悪戦苦闘している場面を描いていったら良い番組が出来ると思う。第2弾を期待したい。

平成13年7月号

JNN九州・沖縄地区番組審議会委員長会議
【大分放送番組審議会7月例会】

1.開催日
平成13年7月19日(月)

2.開催場所
大分全日空ホテルオアシスタワー

3.議題
[1]ネット番組等について
[2]その他

4.出席者
JNN九州7社の番組審議会委員長、担当役員、TBS担当常務ら3名

<大分放送出席委員(敬称略)>
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、赤尾重信、川原大、
田辺正勝、後藤誠、伊藤安浩

5.議事の概要
平成13年度のJNN九州・沖縄地区番組審議会委員長会議が、大分放送番組審議会7月例会を兼ねて、7月19日(木)大分全日空ホテルオアシスタワーで開かれました。
会議には、JNN九州・沖縄地区7社から番組審議会委員長と担当役員、TBSから担当常務ら3名が出席。大分放送の委員も出席して、ネット番組を中心に意見を交わしました。
はじめに、大分放送の宮崎社長が「JNN系列の番組編成に反映出来るよう、忌憚のないご意見や提言をお願いしたい」とあいさつ、続いて大分放送番組審議会の溝口委員長を議長に選出しました。
会議では、TBSから「デジタル時代の経営環境」や「放送と青少年問題この1年の動き」について報告がありました。
「ネット番組」に対するキー局への意見や要望については、総じて安心して見れる良心的な番組が多い。信頼感が持てる。反面、やや固いイメージがあるなどの意見が出されました。
その他、報道面では、大阪の小学生児童殺傷事件報道のあり方や、マスコミに対する公的規制などについても、活発な意見が交わされました。

平成13年6月号

1.開催日
平成13年6月18日(月)

2.開催場所
大分放送本社会議室

3.議題
[1]ラジオ・テレビ6月・7月及び8月の特別番組について
[2]視聴番組
テレビ「窓をあけて九州~寛さんがまたホゲ言いよん!~」
放送:平成13年6月10日(日)10:00~10:15
[3]ネット番組について
[4]その他

4.出席委員(敬称略)
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、由佐康子
川原大、田辺正勝、後藤誠、草間朋子、伊藤安浩
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつの中で、民間放送連盟賞テレビ放送活動部門の九州地区審査で、OBSが出品した“川キャンペーン”が2位となり、日頃の地域に密着した活動に対して高い評価をいただいたと報告。引き続き、自社制作番組を強化していきたいと述べた。
続いて、ラジオ・テレビ6月、7月及び8月の特別番組について担当者が報告。「ネット番組について」を審議したあと、視聴番組、テレビ「窓をあけて九州~寛さんがまたボケ言よん!~」を視聴・合評した。この番組は「なしか」コピーの生みの親として知られる吉田寛さんをテーマに、笑い立県をめざすエネルギッシュな寛さんの奮闘ぶりを追いながら、笑いの文化を考える。

<委員から出された意見の概要>
○漫才では、15分間笑い通すことが出来る。それからすると、笑いの量が少なかった。15分笑い通すような番組作りでもよかった。
○欲ばり過ぎた面があったのでは。
○寛さんのどの部分を出したかったのか、ちょっとピントボケしてたのかなと思った。
○寛さんの「なしか本」も面白いが、寛さんのしゃべりはそれ以上に面白く印象に残る。講演の中の話をもう少し聞きたかった。
○笑いは何か活力が出てくる。健康の源なので、寛さんにはぜひ活躍して欲しい。
○「なしか本」を映像で表現したり、ラジオの「夕方なしか」のテレビ版を作ったら、インパクトある番組になるのでは。
○20作目が全部ひらがななので、全部読めなかった。アナウンサーが読むなど、もう少し分かりやすく作って欲しい。

平成13年5月号

1.開催日
平成13年5月21日(月)

2.開催場所
大分放送本社会議室

3.議題
[1]ラジオ・テレビ5月・6月特別番組について
[2]視聴番組
テレビ「電撃黒潮隊~まちづくりは誰の手に~」
放送:平成13年4月21日(土)17:00~17:30
[3]その他

4.出席委員(敬称略)
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、
赤尾重信、川原大、田辺正勝、後藤誠、草間朋子、伊藤安浩
5.議事の概要
審議会は宮崎社長があいさつで、4月15日から27日まで、民放連の「2001年米国NAB視察団」の団長として、アメリカのデジタル事情を視察した報告を行った。その中で、アメリカのデジタル化は1998年にスタートし、2006年にアナログ電波返上という計画だが、3年経った今も進展を見ていない。その原因は、視聴者のデジタル化に対する関心度が低い。日本は2006年にローカル局がスタートするが、視聴者のニーズを大事に考えて、先をよく見据えて推進していく必要があるのではと述べました。
続いて、ラジオ・テレビ5月・6月の特別番組について担当者が報告。その後、視聴番組、テレビ「電撃黒潮隊~まちづくりは誰の手に~」の視聴・合評を行った。この番組は、日田市に建設が計画されている、別府競輪場外車券場「サテライト日田」の設置をめぐり、日田市が別府市と国を相手に訴訟を起こす事態となった。日田市の設置反対運動を追いながら、「まちづくりは誰がするのか」など、地方自治のあり方を考える。

<委員から出された意見の概要>
○難しい問題だが、非常にいい態度で作っている。よく出来ていると思う。
○地方自治と国の関係が、これからの裁判の焦点になると思う。なぜ競輪だけ同意がいらないか、中央の人たちのコメントが欲しかった。
○4回にわたって九州通産局が調整に動いたといっていたが、どういう方向で動いたか、通産局としても中味を明らかにするのは難しいと思うが、知りたいところだ。草をかきわけてもそこのところを押さえる努力が欲しかった。
○仕組みはよく分かった。何で他の市まで巻き込んでやるのか。もともと発端がよくなかったのでは。
○一番知りたい、なぜ通産省が許可したのかが分からないまま。最後に競輪だけ設置市町村の許可がいらないことが、ぽっと出て来て、ドキュメンタリーだけども物語性みたいな、終わり方がすごく印象的で、面白いなと思った。
○日田市長さんが、生きた言葉をしゃべっていると思った。地方自治体と国の関係とか、街づくりが何のために、誰のためにあるのかなど、政治の仕組みとしていろんなことを考えながら見せていただいた。
○訴訟を争うという観点ではなくて、矛盾点を解決するための方法だという考えでやった方がいいというケースもあると、見ていて思った。そういう方向の番組作りもあったのでは。
○最後のシメで、何か一言欲しかった。最後は司法の判断を仰ぐしかない、それが決め手になるんだと。またこのような硬派の番組に挑戦してもらいたい。

平成13年4月号

1.開催日
平成13年4月23日(月)

2.開催場所
大分放送本社会議室

3.議題
[1]ラジオ・テレビ4月・5月特別番組について
[2]視聴番組 テレビ「窓をあけて九州~拝啓おまわりさん~」
放送平成13年4月22日(日)10:00~10:15
[3]その他

4.出席委員(敬称略)
溝口薫平(委員長)、肥田木孜(副委員長)、野崎哲、
赤尾重信、由佐康子、川原大、田辺正勝、後藤誠、伊藤安浩
5.議事の概要
審議会は高橋専務があいさつ、4月から後藤靖宏委員に代わって伊藤安浩委員が新しく委員に就任したことが報告されました。つづいて、ラジオ・テレビ3月・4月の特別番組について担当者が報告。そのあと視聴番組、テレビ「窓をあけて九州~拝啓・おまわりさん」の視聴、合評を行った。この番組は、国東町の来浦駐在所のおまわりさんが、趣味のカメラの腕を生かし、町の人々の姿を撮影し地域とのコミュニケーションを深めている。また、遠く故郷を離れ暮らす子供たちに、「駐在所日記」のタイトルで両親の写真と近況を書き添えて送り、都会と、ふるさとを結ぶ「ふるさと通信社」の役割も担っている。「ふるさとの景色がなつかしい。」「両親の元気な姿を見て、安心しました。」といった感謝の手紙が届いている。過疎の町のおまわりさんと人々との触れ合いを描いた番組。

<委員から出された意見の概要>
○写真を撮るときの村の人たちとの会話を聞いていると、この村に溶け込んでいるなと思った。見ていると、ほのぼのと温かくなった。
○最近このようにハートを持ったおまわりさんは少なくなったが、番組では、村の人との触れ合いをよく描いていた。
○趣味を生かして地域と密着していきながら、地域に何かを残していこうとする姿を番組にしたことは非常に良かった。カメラを通して警察官との間に壁がなくなって行くことは大変いいことだ。
○地域に合っているおまわりさんだと思う。とても面白く、人情味あふれる番組で、こういうおまわりさんがたくさん出て欲しいなと思った。
○過疎の村のおまわりさんの役割ということでは、新しい提案になったように思う。
○地域の人たちや、おまわりさんにとっては何気ない日常でも、きちっと撮影して番組にしていくことは、地元のテレビ局として大事なことだ。
○このような番組は教材研究という観点で見れば大いに参考になる。

平成13年3月号

1.開催日
平成13年3月19日(月)
 
2.開催場所
 
大分放送本社会議室
 
3.議題
[1]ラジオ・テレビ3月・4月特別番組について
[2]ラジオ・テレビ4月編成について
[3]視聴番組 テレビ特別番組 「大野川~母なる川~」
放送   平成13年3月4日(日)10:00~16:54 
[4]平成13年度番組審議会日程について
[5]その他
 
4.出席委員(敬称略)
溝口 薫平(委員長)、肥田木 孜(副委員長)、野崎 哲、
赤尾 重信、由佐 康子、川原 大、後藤 靖宏、後藤 誠、草間 朋子 
 
5.議事の概要
審議会は宮崎社長があいさつ、つづいてラジオ・テレビ3月・4月の特別番組と4月新編成について担当者が報告した。
テレビの編成に関する報告で、年度初めに青少年の知識や理解力を高め、情操を豊かにする番組を公表することになっており、平成13年度の「青少年に見てもらいたい番組」として次の5本が公表された。
●「世界ふしぎ発見」(土)21:00~21:54
●「どうぶつ奇想天外!」(日)20:00~20:54
●「世界ウルルン滞在記」(日)22:00~22:54
●「親の目子の目」(月)10:45~11:15
●「ZONE」(日)18:30~19:00
そのあと視聴番組、テレビ特別番組「大野川~母なる川~」の視聴、合評を行った。
この番組は、「ニュースライン」の年間企画として毎週金曜日に放送している“川キャンペーン”、大野川の総集編として、1時間番組にまとめたもので、大野川をテーマに学習する大分市の松岡小学校の活動を追いながら、大野川の美しい風景や祭り、川を守ろうとしている人たちなどを通して、子供たちに美しい川を残していかなければならないことを呼びかけた番組。
 
<委員から出された意見の概要>
○ 川と人間の関係では、飲料水の問題、環境の問題、工業用水の問題など、触れておいた方がよかった。川はみんなで汚しているので、みんなで良くしようということをしなくてはいけないと思う。そういった意味で、基礎知識の整理というか、全体像の整理が弱かった。
○ 川との関係を医学的、生態的に捉えるのか、歴史的・文化的に捉えるのか、視点がふらついたなと思った。
○ 子供にあんな経験をさせたことは、すごく大切なことだと感じた。とても着眼力がよかった。川と人との関わり、花との関わり、魚との関わりなど、よく分かり力作だった。
○ 山との関わりが足りなかった。川を考える時、山からスタートして欲しかった。
○ 川をきれいにしなければいけないと言うんですが、今の大野川の現状がきれいなのか、危機的状況なのかあまり出て来なくて、大野川の周辺で暮らしている人の生活、水をどう利用しているか、それと現状はこうだよと紹介して、それを肯定するわけでもなく、否定するわけでもなく、子供に伝えて行きたいという構成で何となくピリッとくるものがなく、漠然とした番組だったように思う。
○ 橋をはじめ、映像の素晴らしさを楽しませていただいた。
○ 川の汚染の問題など、科学的なデータを入れながらやった方が、全体に訴えることが出来たと思う。
映像としてはすごく楽しむことが出来たが、美しい川を守りましょうという視点で見ると、もうちょっときっちりした大人の視点から見たものがあった方が良かった。
○ 映像を通して、最終的に私達がどう生きるべきかということを考える機会を与えていただいた。
○ ナレーターが余り入らず、きれいな自然の映像を見せていただいて良かった。
○ 全体的に欲ばり過ぎた。いろんなものが入ってきたという気がした。特別番組だから何か一本貫いて訴えるものを期待していたが、大野川は何せ大きなテーマではあるが、視点を定めもう一度チャレンジしては。

平成13年1月号

1.開催日
平成13年1月22日(月)
 
2.開催場所 
大分放送本社会議室
 
3.議題
[1]ラジオ・テレビ1月・2月特別番組について
[2]視聴番組 年末年始特番・テレビ「4STAGE~世界の舞台を目指す4人の大分人~」
放送   平成13年1月2日(火)15:30~16:24 
[3]次回日程について
[4]その他
 
4.出席委員(敬称略)
肥田木 孜(副委員長)、由佐 康子、赤尾 重信、川原 大、田辺 正勝、後藤 靖宏、後藤 誠 
 
  
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつの中で、「デジタル化に備え、更に地域密着型のメディア」を目指したいと決意を述べました。つづいてテレビ・ラジオ1月・2月の特別番組について、担当者が報告。
その後、視聴番組・年末年始特番、テレビ「4STAGE~世界の舞台を目指す4人の大分人~」の視聴・合評を行った。
この番組は、リポーターの志賀江梨子がヨーロッパ留学中、チェコやイタリアで活躍する4人の大分県出身者を取材、歴史や文化の違いを乗り越えて彼らは何を求め、何を夢見ているのか、そのエネルギーと故郷大分へのメッセージを伝える。
 
<委員から出された意見の概要>
○ 今回取材をした4人とも、それぞれまとまっていた。本人を陰で支えている親の思いなど、それぞれ非常に良かった。
○ 伊藤京子さんとの対談の部分、もう少し明るいタッチで良かったのでは。
○ なぜヨーロッパに行ったのかというところで、幸重さんは分かりやすかったが、あとの3人をもう少し明確に描けると良かった。
○ 最後のまとめは、志賀リポーターがおやりになった方が良かった。海外で学ぶということを志賀さんも半年間経験なさっているのだから。
○ 音が聞き取りにくい部分が何カ所かあった。1人で取材・撮影され、苦労されたそうだが、テレビを見ている人には、そのあたりは分からない。
○ イタリアの渡辺弘樹さんが街を歩かれるところは、せっかく音楽家なのだから、BGMを工夫したら良かった。
○ 今回出演した4人の方に、21世紀のヨーロッパで頑張っていただきたい。これから海外を目指す若者に、自信と勇気を与えてもらいたい。