OBS

OBS大分放送 会社情報

Main menu:

最新の番組審議会だより

以前の番組審議会だより

番組審議会だより

平成17年12月号

1.開催日 
平成17年12月12日(月) 17時00分  
2.開催場所
大分東洋ホテル「久住の間」  
3.議題 
[1]ラジオ・テレビ 年末年始番組について
[2]今年を振り返って
[3]次回日程について
      平成18年1月23日(月)の予定
4.出席委員(敬称略) 
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、由佐康子、後藤 誠、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、森 哲也、辻野 功
(赤尾委員 欠席) 
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
今年最後の審議会が開かれ、宮崎社長が挨拶で、今年はフジテレビとライブドア、TBSと楽天など放送と通信の融合の問題が大きく取り上げられ放送局としての「公共性」が問われた1年だった。
また、子供の悲惨な事件や、耐震強度偽装問題など起こってはならない事件が発生し、道徳観や倫理観について考えさせられる年でもあったと述べた。
続いて、「年末年始番組」について審議を行った後、各委員がネット番組や自社制作番組、メディアの在り方について今年を振り返った。 
<委員から出された意見の概要>
○ 今年行われた衆議院選挙を通じて、マスコミの影響がいかに大きいかを痛感した。視聴者も利口にならないとマスコミによって世論が作られていく恐れがあると強く感じた。
○ 放送と通信の融合の問題を通して、放送局の「公共性」とは何かが提起された。
今後、デジタル化が進む中で「公共性」について本当に考えなくてはいけない時代になったと思う。
○ デジタル化と共に多チャンネル時代を迎えるが、放送局としての考えをはっきりと述べる時代になったのでは。
○ どの局を付けても同じ事件や事故ばかり放送しているが、もう少し明るいニュースも流して欲しい。
○ 事件・事故のニュースは子ども達も見ているので、その影響力を配慮した扱いが必要だ。
○ 報道は興味本位に流されないように真実だけを伝えて欲しい。
○ 大きな地震など災害報道は、行政と連携を密にすることが大切だと思う。
○ OBSの若手ディレクターの活躍が伝わって来る。期待している。
○ ここ数年、マスコミに対する不信感が強まっている。そうした動きに乗じて、マスコミの活動を規制する動きがある。マスコミとはどうあるべきか原点に立って考えなければならない。
○ OBSは子どもを扱った番組や子供を対象にしたイベントなど、子どもへの関わりの機会がすごく多い。そうした事業を継続的にやって行くことが局としての信頼感と安心感の獲得につながっていくと思う。
○ 「日本放送文化大賞」は素晴らしい取り組みだと思う。続けて欲しい。

平成17年11月号

1.開催日
平成17年11月21日(月) 正午
2.開催場所 
大分放送本社 メディアセンター A会議室  
3.議題
[1]視聴番組
     テレビ 「窓をあけて九州 ~走れ!一日250キロの観光大使~」
     放 送  平成17年10月30日(日)10:00~10:15
[2]ラジオ・テレビ11月・12月特別番組について 
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、後藤 誠、伊藤安浩、森 哲也、辻野 功
(赤尾委員、由佐委員、草間委員、戸高委員 欠席)  
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長  
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつで「11月15日に総務省から地上デジタル放送の予備免許が交付された。来年12月の放送開始に向けて、放送設備の充実など全力で取り組んで行く」と述べた。
続いて、視聴番組「窓をあけて九州~走れ!一日250キロの観光大使~」を視聴・合評した。この番組は、新しく発足した佐伯市役所に勤務する矢野大和さんが、全国的にも珍しい“観光大使”という職務を与えられ、町の良さを知ってもらおうと口演活動に励むエネルギッシュな姿を追った番組。 
<委員から出された意見の概要>
○ エネルギッシュな行動に驚いた。職場の中で彼の仕事を容認する風土が出来ているが、並大抵のことではないと思う。矢野さんの人間像の太さを感じ敬服した。
○ 動いて回るシーンを撮影するのは大変だと思うが映像はとても良かった。
○ 矢野さんのお話は大変面白いので、もう少し話の内容を聞かせて欲しかった。少し物足りなさを感じた。
○ 他県の人にこのような公務員がいることを知ってもらったことは非常に良かった。佐伯市の良いPRになった。
○ 番組を見て空腹感が残ったが、番組としてはその方がいいのかなと思った。
○ 笑いの効用といった角度からのコメントもあると良かった。

平成17年10月号

1.開催日
平成17年10月24日(月) 正午
2.開催場所 
大分放送本社 メディアセンター A会議室
3.議題 
[1]視聴番組
  テレビ 「いきいき!夢キラリ ~手作りから始まる一歩~」
  放 送  平成17年10月3日(月)10:30~11:00 
[2]ラジオ・テレビ10月・11月特別番組について
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、赤尾重信、由佐康子、後藤 誠、草間朋子、戸高禮子、森 哲也、
辻野 功
(伊藤委員 欠席) 
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
審議会は宮崎社長があいさつで、大分トリニータはシャムスカ体制になって快進撃が続いている。大分放送として「大分トリニータ応援キャンペーン」を11月1日からスタートすることになった。県出身の著名人の方々に出演していただいての応援キャンペーンと併せて、支援の募金を呼びかけるテレビスポットを放送することで、大分トリニータを応援したいと述べた。
続いて、視聴番組 テレビ「いきいき!夢キラリ ~手作りから始まる一歩~」を視聴・合評した。この番組は、民間放送教育協会の番組で、19才の自閉症の男性が社会参加出来るようにサポートする女性を描きながら、自閉症に対して理解を深めてもらうと同時に地域福祉を考える番組。
<委員から出された意見の概要>
○ この番組で、自閉症という病気に対する認識が非常に高まった。立派な番組だった。
○ 自閉症の人にとって取材をされるということは随分環境が変わるもので、映像化することは難しいと思う。よくここまで取材して番組化出来たと思う。
○ ディレクターと自閉症の方がお互い理解が深まったので、日常の自然な姿が撮れたと思う。
○ 新しい地域づくりを進めている豊後高田市で、こうした温かい人間ドラマがあることは、町づくりに加えて二重に素晴らしいことだと改めて感激した。
○ 行政の支援がどうなっているか、ちょっと加えると問題提起が出来たと思う。
○ お母さんの強さと一筋の涙が印象に残った。時間をかけて取材した結果の、素晴らしい映像だった。
○ もう少し、自閉症についての全体的な説明と、その中での安部君の位置付けを説明して欲しかった。
○ 自閉症の男性を社会参加出来るようサポートする二宮さんの苦労を、もっと映像で見せて欲しかった。
○ ナレーションをもう少しゆっくりしたテンポで伝えて欲しかった。

平成17年9月号

1.開催日
平成17年9月26日(月)正午
2.開催場所
大分放送本社 3C会議室
3.議題
[1]視聴番組
   テレビ 「窓をあけて九州~テッちゃんからヤッちゃんへ 男たちの絵手紙~」
  放 送  平成17年9月11日(日) 10:00~10:15
[2]ラジオ・テレビ 10月編成について
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、赤尾重信、由佐康子、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、
森 哲也、辻野 功
(後藤委員 欠席)  
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長
5.議事の概要
審議会は宮崎社長があいさつで、9月11日の総選挙や台風14号の報道に総力を上げて取り組み、県民の信頼に応えることが出来たと思うと述べた。続いて、視聴番組 テレビ「窓をあけて九州~テッちゃんからヤッちゃんへ 男たちの絵手紙~」を視聴・合評した。この番組は、別府市で暮らす68才のお年寄り2人を主人公に、絵手紙を通じての交流を描いた番組。 
<委員から出された意見の概要>
○ 素材と構成が良く、2人の友情がよく描かれていた。
○ ディレクターの視線の温かさが画面を通じて感じられた。
○ 2人のキャラクターが素的で、ローカル以外にも通じる番組。
○ 人の温かさや、隣近所の人達との交流を大切にする番組で、こうした視点の番組を大切にして欲しい。
○ 絵手紙という日本に昔からある豊かな生活文化のひとつであることを感じさせてくれた番組。
○ お年寄りを扱っているにも関わらず、全体に明るくほっと出来る番組。
○ 殺伐とした世の中で、こうした番組を見るとほっとする。
スローライフというか、私たちがもっと大事にしなければいけないことを感じさせる番組。

平成17年7月号

1.開催日
平成17年7月25日(月)正午
2.開催場所
大分放送本社 メディアセンター A会議室 
3.議題
[1]「JNN九州・沖縄地区番組審議会委員長会議」報告
[2]視聴番組
  テレビ 「おはようナイスキャッチ」
  放 送  毎週月曜~金曜 午前9:55~10:30 
[3]ラジオ・テレビ 7月・8月特別番組について
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、後藤 誠、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、辻野 功
(赤尾委員、由佐委員、森委員 欠席)
局側出席者
中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
審議会は、中山専務があいさつで、2011年の7月24日にアナログ放送を停波出来るか、課題も多い。また、インターネット経由でデジタル放送を各家庭に配信するシステムなど放送と通信の融合が進んでいると述べた。つづいて、朝の情報番組「おはようナイスキャッチ」を視聴・合評した。この番組は、毎週月曜日から金曜日まで9時55分から10時30分までの生放送番組で、20代以上の主婦層と60代以上の男女をターゲットにした地域密着型の生活情報番組。「大分の旬」を大切にして常に季節感あふれる情報をお届けしている。 
<委員から出された意見の概要>
○ とっても明るくて楽しい雰囲気があり、生活感のある番組
○ 蓮料理を作っている、宇佐美さん夫妻が微笑ましく、ほのぼのとしたものを感じさせてくれた。
○ 蓮の花が咲く瞬間を撮ってほしかった。見たかった。
○ お店の連絡先のスーパーをもっと長く出すか、後でゆっくり伝える工夫が必要。
○ こうした地方の楽しい情報は出来るだけ全国に発信する方法を考えてもらいたい。
○ 「半日周遊の旅」など手頃な情報もあり身近に感じる番組
○ 女性リポーターの伝え方が上手で聞きとりやすい。

平成17年6月号

1.開催日
平成17年6月27日(月)正午
2.開催場所
大分放送本社 メディアセンター A会議室
3.議題
[1]「TBSのネット番組」について
[2]視聴番組
  テレビ 「窓をあけて九州 ~満員御礼!しあわせのベンチ~」
   放 送  平成17年6月12日(日)午前10:00~10:15 
 [3]ラジオ・テレビ 6月・7月特別番組について 
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、赤尾委員、由佐康子、後藤 誠、伊藤安浩、戸高禮子、森 哲也、辻野 功
(草間委員 欠席)  
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつで、24日に大分放送の第59期株主総会を無事終了したことの報告を行った。また、来年はデジタル化がスタートするが、マンネリに陥ることなく、常に謙虚な精神で業務を遂行したいと述べた。続いて、「TBSのネット番組について」を審議した。
その中で「暗いニュースの多い中で、つとめて明るい皆んなの心を励ますようなニュースを多く流して欲しい」といった意見が出された。このあと、視聴番組「窓をあけて九州~満員御礼! しあわせのベンチ~」を視聴・合評した。
この番組は、大分市の長浜商店街のはずれにある八百屋さんの前に置かれたベンチに、近くのおばあちゃんたちが集って来る。そこで交される会話を通して、今も残る下町の人情を描いたもの。 
<委員から出された意見の概要>
○ こうした良いテーマを見つけて、番組にしようという感性が素晴らしい。面白い番組だった。
○ 何でもない日常の中から何かを語りかけ、気付かせてくれる良い作品だ。
○ 人の通りを見ているお年寄りの心理状況までが、すごくうまく表現されていた。
○ 会話の内容を、一言一言スーパーした、「町内会費」と「老人会費」のやりとりは、なかなか面白かった。
○ 作り手側の愛情というか、暖かさが感じられる番組。15分の中で、特にこれという結論は引き出せないが、何か安心してほのぼのとした元気が出てくるような雰囲気の番組。

平成17年5月号

1.開催日
平成17年5月30日(月)正午
2.開催場所 
大分放送本社 メディアセンター A会議室 
3.議題
[1]聴取番組
   ラジオ OBSラジオスペシャル・平成17年度民間放送連盟賞参加作品
  「ゆっくりと・のんびりと」~大分市高崎山のサル社会から~
  放 送  平成17年5月29日(日)午後4:00~4:30
[2]ラジオ・テレビ 5月・6月特別番組について
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、赤尾委員、由佐康子、後藤 誠、伊藤安浩、戸高禮子、森 哲也、辻野 功
(草間委員 欠席)  
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつで、「5月14日に大分市で民間放送教育協会の九州・沖縄地区研究協議会を大分放送が主管局となって開催した。無着成恭さんの講演をはじめ、シンポジウムでは『こどもなしか!』を通して『子どもとは何か、大人とは何か』を考えた。参加した方々からは方言を生かした地方色豊な内容で大変良かったというお言葉をいただいた」と述べた。
続いて、聴取番組「ゆっくりと・のんびりと」~大分市高崎山のサル社会から~を審議した。
この番組は、大分市高崎山自然動物公園の小野幸利さんが今年3月定年退職を迎えたことから、38年間にわたってサルの生態を面白おかしく観光客に説明してきた小野さんに「サル社会のおきて」を聞き、人間社会にどんなヒントをもたらすかを描いたもの。 
<委員から出された意見の概要>
○ サル社会を通して私達に語りかけており、好感の持てるとても良い番組だった。
○ ディレクターがナレーションもされてるが、番組のテンポにぴったりで大変いい感じに仕上がっていた。
○ サルが増えすぎたので食料を減らしたと言っていたが、どのように減らしていったのか、そのプロセスを聞きたかった。
○ サルの生態系が良く理解出来た。分かりやすく解説されていた。
○ サルが餌を取り合う時の激しい動きとタイトルの「ゆっくりと・のんびりと」の結び付きがどうなのかなという印象を受けた。
○ ラジオの30分番組は、かなりの情報を伝えることが出来ると再認識した。
○ 小野さんの38年間の豊な経験を次の世代に伝えて行くことが大切で、どのように受け継がれて行こうとしているかがもっと見えると良かった。
○ 大変内容の濃い番組で。子ども達や学生達に聴かせたいと思った。

平成17年4月号

1.開催日
平成17年4月25日(月)正午 
 2.開催場所
大分放送本社 メディアセンター A会議室  
3.議題 
[1]視聴番組
  テレビ 「かぼすタイム」
   放 送  毎週土曜日9:25~11:00 
[2]ラジオ・テレビ 4月・5月特別番組について
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、由佐康子、後藤 誠、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、森 哲也、辻野 功
(赤尾委員 欠席)  
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長  
5.議事の概要
平成17年度最初の審議会で、まず宮崎社長が新しく委員に就任した辻野功氏を紹介したあと、あいさつで、新年度は制作力の一層の向上をめざし、デジタル化時代に備えたいと述べた。
視聴番組は、土曜の朝の情報番組「かぼすタイム」を視聴した。今回は、番組の人気コーナー「督ちゃん・寛ちゃんの使おうえ大分弁!」と「亜希子におまかせ」の2つのコーナーを中心に審議した。 
<委員から出された意見の概要>
○ 「亜希子におまかせ」の小野アナ、愛嬌があって明るく、チャレンジ精神もあり、素敵なキャラクターの持主だ。
○ 「大分弁」のコーナーは、方言の地位の確立ということにすごく貢献している。
○ キャスターの方々がほんとにしっかりして、個性の面でも際立って良い。素朴で楽しい番組。
○ 「大分弁」のコーナーは、ラジオ番組の「夕方なしか」とリンクして随分イメージ的に得している。最近。特にパワーアップした印象が強い。
○ 番組中「いかせていただきます」などの言葉遣いや、食べた後の感想がただ「おいしい」などは注意すべき。
○ 方言にしろ、食べるシーンにしろ、表現が度を越すと何か嫌味に感じるので十分な配慮を。
○ 「かぼすタイム」というネーミングがすごく新鮮。自信を持って育てて欲しい。
○ 「大分弁」コーナー、そこにしかない言葉をローカルでグローバルに発信し、しかもおもしろおかしく、というセンスがすごく面白くて素晴らしい。
○ 堅いというイメージがあったが、最近は情報発信という方向性が出てよくなった。番組の内容を大いにPRしてもらいたい。

平成17年3月号

1.開催日
平成17年3月28日(月)正午
2.開催場所
大分放送本社 メディアセンター A会議室
3.議題
[1]視聴番組
  テレビ 「川キャンペーンスペシャル  ~ホタルの里・白山川に生きる~」
   放 送 平成17年3月5日(土)16:30~17:24
[2]ラジオ・テレビ 4月編成について
[3]平成17年度審議会日程 他
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、赤尾重信、由佐康子、後藤 誠、草間朋子、戸高禮子、森 哲也
(伊藤委員 欠席) 
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
審議に先立ち、2月4日に逝去された川原委員に黙祷を捧げたあと、宮崎社長があいさつで、ライブドアとニッポン放送の問題に触れ、ジャーナリズムを金で支配しようとする考えは間違いだ。ローカル局は県民に受け入れられるものを制作し提供することが最も大切なことだと述べた。
又、ラジオ・テレビの4月編成や福岡西方沖地震報道についても審議が行われた。特に災害報道に関しては、通信手段の問題点などを検証し、更に災害報道強化に向けて取り組んでいくことが報告された。
視聴番組は、テレビ「川キャンペーンスペシャル -ホタルの里・白山川に生きる-」を視聴・合評した。
この番組は、大野川の源流、白山川の自然を守ろうと30年間にわたって運動を続けている「白山川を守る会」の上野卓男さん(82)を中心に四季折々の姿を交えながら一年間の活動を追った番組。 
<委員から出された意見の概要>
○ 上野さんの川を守って行くという強い精神力と体力、そして使命感が伝わって来る良い作品だった。
○ ホタルの映像がとてもよく撮れていて郷愁を感じた。四季折々の撮影大変だったろうと映像を見て思った。
○ カエデを守るための資金集めの話し合いをもう少し詳しく説明すると良かった。村社会の断面を捉えることが出来たのではないか。
○ 番組を短く編集して、教材に使えるようにまとめ、いろんなところで試写出来るようにすると、白山川を守る運動に対する理解が更に深まって行くのではないかと思う。
○ 放送時間が余りよくなかったので、再放送を考えてほしい。
○ 過疎化が進むなかで、山は誰が守るのか、守って行けるのかを踏み込んで問題提起してほしかった。

平成17年1月号

1.開催日
平成17年1月24日(月)正午
2.開催場所
大分放送本社 メディアセンター 会議室  
3.議題
[1]視聴番組
   テレビ 「ムーブ2005  ゼロからの挑戦 ~大分トリニータ新社長の夢~」
  放 送 平成17年1月15日(土)7:00~7:30
[2]ラジオ・テレビ 1・2月特別番組について
[3]次回日程について
  平成17年3月28日(月)の予定 
 4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、由佐康子、後藤 誠、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、森 哲也
(赤尾委員、川原委員 欠席) 
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長 
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつで、昨年から開催している「京都 清水寺展」が大好評で入場者数が1万5,000人に届く勢いだ。これからもこうした、日本の文化的遺産を県民の皆さんに広く触れていただく機会を提供したい。平成16年の年間視聴率で平成9年以来、ゴールデンタイムとプライムタイムで2冠を獲得したことは明るいニュースだった。更にデジタル化に向けて、自社制作番組を強化したい、と述べた。
続いて、視聴番組、テレビ ムーブ2005「ゼロからの挑戦 ~大分トリニータ新社長の夢~」を視聴、合評した。この番組は、県庁職員から転身してサッカーJ1フットボールクラブの社長に就任した、溝畑宏氏に密着取材した番組。
<委員から出された意見の概要>
○ 溝畑さんの個性的な面がよく描かれていた。
○ 大分にこうしたキャラクターの方が、しかも県庁におられたということがすごく意外だった。
○ これだけ大分を全国に売り出そうとする人がいるので応援したくなった。そういう意味ではすごく訴えるところのある番組だったし、大分の誇りでもある。
○ 県庁を退職した時の決意のコメントが入っていたら面白かった。そこのところを聞きたかった。
○ サッカーと関係ないところでの素顔をもっと知りたかった。
○ 大分出身でない人がこんなに大分を愛してくださっている。ぜひ若い人たちに見せたい番組。
○ 番組を見て、本当に大分の元気な源になって行くような気がして、ワクワクした。