OBS

OBS大分放送 会社情報

Main menu:

最新の番組審議会だより

以前の番組審議会だより

番組審議会だより

平成17年11月号

1.開催日
平成17年11月21日(月) 正午
2.開催場所 
大分放送本社 メディアセンター A会議室  
3.議題
[1]視聴番組
     テレビ 「窓をあけて九州 ~走れ!一日250キロの観光大使~」
     放 送  平成17年10月30日(日)10:00~10:15
[2]ラジオ・テレビ11月・12月特別番組について 
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長、後藤 誠、伊藤安浩、森 哲也、辻野 功
(赤尾委員、由佐委員、草間委員、戸高委員 欠席)  
局側出席者
宮崎社長、中山専務、河野取締役報道局長、笠村テレビ編成局長、
江藤ラジオ局長、井尻テレビ制作局長、竹内番組審議会事務局長  
5.議事の概要
審議会は、宮崎社長があいさつで「11月15日に総務省から地上デジタル放送の予備免許が交付された。来年12月の放送開始に向けて、放送設備の充実など全力で取り組んで行く」と述べた。
続いて、視聴番組「窓をあけて九州~走れ!一日250キロの観光大使~」を視聴・合評した。この番組は、新しく発足した佐伯市役所に勤務する矢野大和さんが、全国的にも珍しい“観光大使”という職務を与えられ、町の良さを知ってもらおうと口演活動に励むエネルギッシュな姿を追った番組。 
<委員から出された意見の概要>
○ エネルギッシュな行動に驚いた。職場の中で彼の仕事を容認する風土が出来ているが、並大抵のことではないと思う。矢野さんの人間像の太さを感じ敬服した。
○ 動いて回るシーンを撮影するのは大変だと思うが映像はとても良かった。
○ 矢野さんのお話は大変面白いので、もう少し話の内容を聞かせて欲しかった。少し物足りなさを感じた。
○ 他県の人にこのような公務員がいることを知ってもらったことは非常に良かった。佐伯市の良いPRになった。
○ 番組を見て空腹感が残ったが、番組としてはその方がいいのかなと思った。
○ 笑いの効用といった角度からのコメントもあると良かった。