OBS

OBS大分放送 会社情報

Main menu:

最新の番組審議会だより

以前の番組審議会だより

番組審議会だより

平成21年12月号

1.開催日 
平成21年12月8日(火)
2.開催場所 
大分東洋ホテル 2階「久住の間」
3.議題 
[1]年末年始番組について 
[2]今年を振り返って 
[3]次回日程について
平成22年1月25日(月)
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
由佐康子、草間朋子、伊藤安浩、鶴丸礼子、伊藤京子、神足博美委員
(赤尾重信・神田岳委委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長 
5.審議の概要
今年最後の審議会が開かれ、首藤社長が「今年は歴史的な政権交代が行われるなど激動の1年だった。OBSにとっては、テレビ開局50周年の節目を迎えた。今年も番組コンクールでの受賞が相次ぐなど、制作力は着実に向上した。これからも良質な番組作りに取り組み、地域に信頼される放送局を目指したい」とあいさつした。
続いて、溝口委員長が「充実した質の良い番組を作るためには、視聴者のニーズを的確に捉え、マスコミの先駆的役割りを果たして欲しい」と要望した。このあと、「年末年始番組」について審議を行ったあと、ネット番組やローカル番組について1年を振り返り意見を交わした。
<委員から出された意見の概要>
○ 景気の低迷など暗いニュースが多い中で、出来るだけ活気のある明るい情報を放送して欲しい。
○ 「総力報道!THE NEWS」は、充実してきた。視聴習慣もついて、NHKを見ずにそのまま見続けることが多い。「ローカルニュース」との時間配分をもっと工夫する必要がある。
○ バラエティ番組は面白く楽しい中に人間の真実に触れる瞬間が大切。そうした番組を視聴者は期待している。
○ 国の政策が変り、それが実現されて行く時、地方でどのような変化が起きてくるか、メディアはしっかり伝えて欲しい。
○ 地方局の方が落ち着いた現場で番組作りができる。中央の局に対してお手本になる番組を発信して欲しい。そのことが地方に力を与えることになる。
○ 少子高齢化が進む中で、高齢者を対象にしたもっと知的な落ち着いた番組に期待したい。
○ テレビの映像には力がある。こうしたテレビの持つ強さに磨きをかけ、地域の放送局としての役割を果たして欲しい。
○ 視聴率一辺倒ではなく、良質な番組を目指し、後々語られるような番組を残してもらいたい。
○ ラジオを「身近に感じる」ために、情報番組の中のインタビューコーナーをもっと充実させて欲しい。
○ ラジオの長寿番組「私の作文」「えんぴつの詩」は、ほのぼのとした番組でこれからも続けて欲しい。

平成21年11月号

1.開催日 
平成21年11月16日(月)
2.開催場所 
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題 
[1]視聴番組
テレビ「窓をあけて九州」~勇壮華麗!一世一代の流鏑馬~
放送日 平成21年11月1日 10:00~10:15 
[2]ラジオ・テレビ11月・12月の番組について(年末年始番組は除く) 
[3]次回日程について
平成21年12月8日(火)
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
由佐康子、草間朋子、伊藤安浩、鶴丸礼子、伊藤京子、神田岳委、神足博美委員
(赤尾重信委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長 
5.審議の概要
審議会では、首藤社長が「新型インフルエンザの流行が県内でピークを迎えたと見られる。ワクチン接種など、県民にとって切実な情報をいち早く伝えていきたい」とあいさつした。続いて、視聴番組「窓をあけて九州」~勇壮華麗!一世一代の流鏑馬~を視聴・合評した。
この番組は、国東市国見町の神社で2年ぶりに復活した流鏑馬神事をテーマに描く。射手を努めるのは22才の大学生で乗馬は全くの素人。町の伝統を守るため特訓に励む若者に密着した。
<委員から出された意見の概要>
○ 勇壮な伝統行事を継承するなかで、家族の姿をよく捉えていた。
○ 祭りの伝統的な価値観を見直すいい機会となった。
○ 祭りを成功させるには、地域の力が大きい。そうした視点を少し強めると、若者が継いだことの重要性が見えて来る。
○ ナレーションが映像とマッチしてとてもよかった。
○ 主人公や祭りにかかわった地域の人たちが流鏑馬神事をどう受けとめたか、コメントでもあればよかった。
○ 伝統的な行事を守ろうとする小さな村社会がまだ大分にもあることを番組は伝えている。

平成21年10月号

1.開催日
平成21年10月19日(月)
2.開催場所
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題
[1]視聴番組
テレビ情報番組「かぼすタイム」
放送日 毎週土曜日 9:25~11:25
[2]ラジオ・テレビ10月・11月の番組について
[3]次回日程について
平成21年11月16日(月)
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
赤尾重信、草間朋子、伊藤安浩、鶴丸礼子、神田岳委、神足博美委員
(由佐康子、伊藤京子委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長
5.審議の概要
審議会では、首藤社長が「政権交代により、地域や暮らしがどう変わるのか、メディアとしてしっかり伝えていきたい」とあいさつした。
続いて、今年で15年目を迎えた、土曜日朝の情報番組「かぼすタイム」を視聴・合評した。この番組は、週末のお出かけ情報から1週間のトピックス、スポーツ、最新映画情報など大分の旬の情報を取り上げる。
<委員から出された意見の概要>
○ 大分の旬の情報を、普通の目線で描く姿勢が良い。OBSの看板番組といえる。
○ 若い人をターゲットにしているようだが、月に1回位は、中高年向けの落ち着いたコーナーがあってもいいのでは。
○ アナウンサーのしゃべりが早く感じる。もう少し全体的にゆっくり落ち着いて話してほしい。
○ 新人の女性アナが担当する中継は初々しく、とてもいい感じで、番組を元気にしている。
○ 県内のいろんなところを紹介することで、地域の人がすごく元気付けられる。番組が地域のコミュニティー作りの役割を果している。
○ 土曜日のゆっくりした時間に季節感や地域性を感じさせてくれる地域密着のとてもいい番組。

平成21年9月号

1.開催日
平成21年9月28日(月)
2.開催場所
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題
[1]視聴番組
テレビ:「ダイドードリンコスペシャル」~日本の祭り・宇佐夏越まつり~
放送日:平成21年8月30日(日)15:00~15:54
[2]ラジオ・テレビ 10月編成について
[3]次回日程について
平成21年10月19日(月)の予定
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
赤尾重信、由佐康子、草間朋子、鶴丸礼子、神田岳委
(伊藤安浩、伊藤京子、神足博美委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長
5.審議の概要
審議会は、首藤社長が「ラジオ開局56周年、テレビ開局50周年の節目を迎えた。これからも地域との絆をさらに深め、県民に信頼され親しまれる放送局を目指していきたい」とあいさつした。
続いて、テレビ番組「ダイドードリンコスペシャル~日本の祭り・宇佐夏越祭り~」を視聴・合評した。
この番組は、日本の祭りシリーズ第5弾。今回は、全国八幡宮の総本宮、宇佐神宮の夏越祭りを通して、神輿発祥の地としての歴史や神輿にかける人々の情熱を描いた。
<委員から出された意見の概要>
○ 地味な番組だが、時代を検証しながらよくまとめられていた。祭りを支えていく地域の人たちの情熱が伝わってきた。
○ 最近地方では、神輿の担ぎ手がいなくなったが、こうして受け継がれる姿を見ると、宇佐神宮の歴史的価値とスケールの大きさを感じる。
○ クレーンカメラを駆使するなど、カメラワークが優れていた。ナレーションも落ち着きがあって聞きやすかった。
○ 昭和37年や平成14年の映像を織り込んで、現代と過去を比較する構成は良かった。
○ 神輿を通して地域のコミュニケーションが深まる様がよく伝わってきた。素晴らしい祭りだと改めて認識した。
○ 少し短く編集して全国版で流すと、大分をPRする作品になると思う。

平成21年7月号

1.開催日
平成21年7月27日(月)
2.開催場所
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題
[1]「JNN九州・沖縄地区番組審議会委員長会議」報告
[2]視聴番組
テレビ:「おはようナイスキャッチ」
放送日:毎週月曜~金曜 9:55~10:20
[3]ラジオ・テレビ 6月・7月の番組について
[4]次回日程について
平成21年9月28日(月)の予定
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
伊藤安浩、鶴丸礼子、伊藤京子、神田岳委、神足博美
(赤尾重信、由佐康子、草間朋子委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長
5.審議の概要
審議会は、まず、首藤社長が「40日間の選挙戦が事実上スタートした。今回の選挙は政権選択選挙とも言われ、国民の関心も高い。それだけに、メディアの役割も重要で、公平・正確を基本に、有権者の判断材料となる的確な情報をより多く提供したい」とあいさつした。
続いて、7月10日、宮崎市で開催された「JNN九州・沖縄番審委員長会議」の報告が行われた後、朝の情報番組「おはようナイスキャッチ」を視聴・合評した。この番組は、毎週月曜日から金曜日の9時55分から放送している地域密着型の生活情報番組。曜日ごとの特集を中心に、常に季節感あふれるビビットな話題を提供している。今回の特集は、夏に大活躍する袋詰め氷を製造している企業をリポートした。
<委員から出された意見の概要>
○ 地域密着型の番組で、身近な生活情報が得られ、バランス良くまとまっている。
○ 水郷日田と“水企業”のかかわりを、もう少し展開すると良かった。
○ 日田市に袋詰めの氷を製造する企業があることを番組で初めて知った。現場で働いている人の顔や表情が、もう少し見えると良かった。
○ 今回の『ナイスな社会見学』は、一般の人が行けない物作りの現場を分かりやすく伝えていてすごく良かった。
○ 視聴対象が20代以上の主婦層向けなので、子育てで悩んでいる人たちに届くような特集を放送して欲しい。
○ 番組途中に入るニュースセンターからのニュースは、番組の流れが切れたように感じる。放送している現場から伝えるとか工夫して欲しい。

平成21年6月号

1.開催日
平成21年6月22日(月)
2.開催場所
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題
[1]ネット番組について 
[2]視聴番組
テレビ:ムーブ「ある日、突然 ~若年性認知症を生きる~」
放送日:平成21年5月31日(日)25:20~25:50 
[3]ラジオ・テレビ 6月・7月の番組について 
[4]次回日程について
平成21年7月27日(月)の予定
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
赤尾重信、由佐康子、伊藤安浩、鶴丸礼子、伊藤京子、神田岳委、神足博美 委員
(草間朋子委員欠席)
<局側出席者 >
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長
5.審議の概要
審議会は、首藤社長があいさつで、県内で初めて新型インフルエンザの感染者が確認された。自治体とも密接に連携しながら、冷静に対応しているが、警戒を怠らないよう、手洗いやうがいなどの励行を呼びかけている。また、6月の環境月間にちなんで、「STOP!温暖化おおいたフォーラム」を開催したが、多くの市民が参加し、地球温暖化対策について熱心な討論が行われた、と述べた。
続いて、ネット番組について審議が行われた後、視聴番組・テレビ「ムーブ」 ある日、突然 ~若年性認知症を生きる~ を視聴・合評した。この番組は、60歳で「若年性認知症」と診断された男性と、その妻に密着。病気と闘いながら、「若年性認知症」理解のための活動に取り組む夫婦の日常を描く。
<委員から出された意見の概要>
○ 妻の由美子さんが、明るく、愛情を持ってご主人を支える姿がよく描かれており、夫婦の絆を強く感じさせる番組だった。
○ 「若年性認知症」と診断され、そのショックを乗り越えて頑張る様子が伝わってきた。
○ 足立さん夫婦に番組出演を依頼し、実現に至ったスタッフの熱意が、この番組のすべてだった。
○ 夫婦の頑張りと、病気の怖さ、大変さは充分に伝わりながらも、ニコッと笑ったり、ちょっとホッとする場面もあり、とても良かった。
○ 「若年性認知症」のメカニズムについて専門医に聞くなどすると、番組に厚みが出たのでは。
○ 主人公の足立さんはピアカウンセリングを実践している方なので、そこのところをもっと掘り下げて伝えると、意味のある番組になったと思う。

平成21年5月号

1.開催日
平成21年5月26日(火)
2.開催場所
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題
[1]ラジオ・テレビ5月・6月の番組について
[2]視聴番組
テレビ: 西日本8局特番「食糧貧国ニッポン」~新たな農業への挑戦~
放送日:平成21年5月5日(火)9:55~10:50 
[3]次回日程について
平成21年6月22日(月)の予定
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
由佐康子、鶴丸礼子、神足博美 委員
(赤尾重信、草間朋子、伊藤安浩、伊藤京子、神田岳委 委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長
5.審議の概要
審議会では、首藤社長があいさつで「新型インフルエンザの感染が広がっている。メディアとして冷静に対応し、正確な情報を迅速に発信したい」と述べた。
続いて、視聴番組、テレビ・西日本8局特番「食糧貧国ニッポン ~新たな農業への挑戦~」を視聴した。この番組は、西日本のJNN8局が、日本農業の危機という視点から農業の現状と課題を各地に取材し、これからの日本の農業の進むべき道を探った。
<委員から出された意見の概要>
○ あまりにも課題が多岐にわたっており、もう少し問題点を絞り込んで欲しかった。
○ 農業の現状と課題はよく捉えていたが、これからどうあるべき、という視点がもっとあればよかった。
○ 生産者側の現状を、消費者側はもっと理解しなければ、という問題を提起した。
○ 番組の視点をどこに置くか、共同制作の難しさを感じさせた。
○ 大朝農産の取り組みにもっとスポットを当てると、若い人たちも農業をやってみようという思いになったのでは。

平成21年4月号

1.開催日
平成21年4月20日(月)
2.開催場所
大分放送5階 セレモニーホール
3.議題
[1]視聴番組
テレビ: 「窓をあけて九州」帰ってきた跡取り息子~仏の里に生まれて~
放送日:平成21年4月12日(日)10:00~10:15
[2]ラジオ・テレビ4月・5月 特別番組について
[3]次回日程について
平成21年5月26日(火)の予定
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平 委員長
肥田木孜 副委員長
由佐康子、草間朋子、伊藤安浩、鶴丸礼子、伊藤京子、神田岳委 神足博美 委員
(赤尾重信 委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長、矢野ラジオ局長
泉テレビ編成局長、竹内番組審議会事務局長
5.審議の概要
平成21年度最初の審議会が開かれ、首藤社長があいさつで、「今年度も地域との絆を深め、自社制作番組を一層強化したい」と述べた。
続いて、視聴番組、テレビ「窓をあけて九州」帰って来た跡取り息子 ~仏の里に生まれて~を視聴した。この番組は、東京のサラリーマン生活から国東市文殊仙寺の跡取りとして帰って来た、秋吉文暢さんに密着した番組。
<委員から出された意見の概要>
○ 主人公を長い期間にわたって見つめ、節目、節目で描いてきたことは番組として評価したい。
○ 15分の中で文暢さんの生き様がよく表現されていた。
○ 都会から帰って来るまでの迷いの部分や、奥さんの受けとめ方を描くと、もう少し立体的になったと思う。
○ 寺の跡取り息子が帰って来たというだけではなく、父と息子の世代間緊張が見えて、興味深い番組だった。
○ 主人公が都会から帰って来て、お寺を引き継ぐという覚悟が番組を通して感じられた。

平成21年3月号

1.開催日
平成21年3月23日(月)
2.開催場所
大分放送5階セレモニーホール
3.議題
[1]視聴番組
テレビ:「発見!人間力」~150秒笑顔の真剣勝負~
放送日:平成21年2月22日(日)6:15~6:45
[2]ラジオ・テレビ4月特別番組について
[3]平成21年度審議会日程について
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長
赤尾重信、由佐康子、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、森哲也、伊藤京子、神田岳委委員
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、江藤テレビ編成局長、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長
矢野ラジオ局長、竹内番組審議会事務局長、秦番組審議会事務局
5.審議の概要
今年度最後の審議会が開かれ、首藤社長が、「厳しい経済環境が続くが、これまで通り番組の質を落とすことなく制作力を強化して行きたい」とあいさつした。また、今年度の番組審査で「JNNネットワーク協議会賞」と「窓をあけて九州」の2番組で「大賞」を受賞したことが報告された。
続いてテレビ番組「発見!人間力~150秒笑顔の真剣勝負~」を視聴した。この番組は日本文理大学チアリーディング部BRAVESの11連覇にかける監督・選手たちの姿を追った番組。
<委員から出された意見の概要>
○大変感動的な番組で、大分からこうした番組を発信することは、大分に元気を与えてくれる。
○番組の構成が良く、監督の人間性にひかれる番組。
○学生たちとのコミュニケーションを大事にし、高めていくという点で学ぶところの多い番組だった。
○笑って、泣いて、喜んで、悔しがって4年間を送れる学生たちは幸せだなと思わせる番組。
○最後のまとめはいらないのでは、視聴者の想像力を欠くことになる。
○最近はスポーツもので、よく泣くシーンがあるが、あまり涙に頼り過ぎた番組作りは戒めた方がいいと思う。
○迫力ある場面が続き、11連覇にかける監督、選手たちの熱気が伝わってきた。

平成21年1月号

1.開催日
平成21年1月26日(月)
2.開催場所
大分放送5階セレモニーホール
3.議題
[1]視聴番組
テレビ:新春特別番組
二階堂スペシャル「すばらしき大分の奇祭」
放送日:平成21年1月2日(土)10:55~11:50
[2]ラジオ・テレビ1月・2月特別番組について
[3]次回日程について平成21年3月23日(月)の予定
4.出席委員(敬称略)
溝口薫平委員長
肥田木孜副委員長
由佐康子、草間朋子、伊藤安浩、戸高禮子、森哲也、伊藤京子、神田岳委委員
(赤尾重信委員欠席)
<局側出席者>
首藤社長、中山専務、江藤テレビ編成局長、井尻テレビ制作局長、後藤報道局長
矢野ラジオ局長、竹内番組審議会事務局長、秦番組審議会事務局
5.審議の概要
今年最初の審議会が開かれ、首藤社長があいさつで「今年は、テレビ開局50年になる。大分の老舗局として、地域との絆をさらに深め、県民の信頼に応えたい」と述べた。
続いて、テレビ番組・新春特別番組 二階堂スペシャル「すばらしき大分の奇祭」を視聴した。
この番組は、大分県には数多くの「祭り」や「伝統行事」が存在する。その中に「奇祭」と呼ばれるものも多くある。大分に伝わる「奇祭」の中から4つの祭りを取り上げ、伝統を受け継ぐ原動力とその大切さとは何かを考える。

<委員から出された意見の概要>
○それぞれの祭りに、ユーモアもあり、楽しさもあり、ワクワクするものもあり、改めて祭りはいいなと感じた。
○大分の素晴らしい祭りが、短い時間の中でコンパクトにうまくまとめられていた。普段の生活なども織り込んだところが良かった。祭りを通して地域の絆を確かめあって行く姿がよく描かれていた。
○50分間、集中して飽きずに最後まで見ることが出来た。それほど大分には素晴らしい祭りがあることを再発見した。
○臨場感があり、祭りに参加しているような感覚で見た。カメラアングルも素晴らしく、引き込まれて行き、迫力ある番組だった。
○大分の歴史と文化の豊かさに触れることが出来た。ローカルメディアとして地域の文化を伝えるという役割を見事に果した番組。
○石丸さんがただ伝える人ではなく、自分も参加してその実感を伝えてくれるところが生き生きしていて、大変躍動的な番組だった。
○複雑な社会環境の中で、人はどうあるべきか、教育的に押し付けるのではなく、伝統のある祭りを通してメッセージを送っていた。