OBS

OBS大分放送 会社情報

Main menu:

最新の番組審議会だより

以前の番組審議会だより

番組審議会だより

平成26年12月号

1.開催日時
平成26年12月9日(火)17時

2.開催場所
レンブラントホテル大分 3階「瀬戸の間」

3.議題
[1]業務報告
(1) 年末年始の番組について
(2) 視聴者・聴取者対応報告(11月)

[2]今年を振り返って
・印象に残ったOBS自社制作番組、及びネット番組
・OBS自社制作番組、及び放送界全般に望むこと

[3]次回日程について
平成27年1月19日(月)

4.出席委員
伊藤安浩 委員長、是永幹夫副委員長
鶴丸礼子委員、伊藤京子委員、神田岳委委員、藤内 悟委員、板井良助委員、藤本 保委員、児玉憲明委員
<局側出席者>
永田社長、高木常務、井尻テレビ制作局長、泉テレビ編成局長兼視聴者室長、松井報道局長、宮崎ラジオ放送部長、篠原番組審議会事務局長

5.審議の概要
平成26年度12月の番組審議会が開かれ、永田社長が今年を振り返り、災害の多い1年であったことから「大分放送では災害報道を強化し、県民の皆さんの生命と財産を守る放送局としての使命を果たしていきたい」とあいさつ。
続いて業務報告が行われた。そして、委員から「今年を振り返って」として、印象に残ったOBS自社制作番組、及びネット番組、放送界全般に望むことについて、意見が出された。

<委員からの主な意見>
○  選挙というすごい事象が現れた時は、真意は別の番組で探るとして、「旬感!3ch」では大分の人たちの本当の反応を、機動力を使って構成してほしかった。
○  地元密着の番組を出来るだけ多く作り、県民が自分たちの回りの良さを知ることにつながっていければ良いと思っている。
○  「世界一の九州が始まる!」でグローバルな戦い、挑戦をやっていることが分かり、非常に世界が近くに見えてきた。
○  公示日翌日の「旬感!3ch」は、ちょっと寂しかった。公示後の第一声を中心に組み立てていたが、記者のコメントや解説など、選挙全体を見渡した内容が欲しかった。
○  「あさチャン!」「いっぷく!」は毒が足りないような気がする。前までは毒が強かったので、毒を抜いたら毒がなくなった気がし、ちょっと寂しい。
○  本当によく地元の人材、人にスポットを当てて掘り下げて、丁寧に番組を作っていると思っている。
○  家庭内暴力や虐待、子どものいじめが減っていない現状がある。報道番組や情報番組で、子育てをしている親たちが「自分は間違っているかも知れない」と気づきをする内容を発信してほしい。
○  自社制作番組を1つあげるとすれば、「最後の特攻」。こうした番組を作るには日頃から人や物にアンテナを巡らせて、しっかりした取材に基づいて作らないと出来ない。覚悟がないと出来ないと思う。