最新のニュース

豪雨被害の復旧作業が続く日田市で今年は復興への願いを託して日田祇園祭が22日から始まりました。22日の日田市は最高気温が36・1度と猛暑日でした。伝統の日田祇園は、今月5日の記録的豪雨による被害が大きく、開催は危ぶまれましたが疫病や風水害を払い安泰を祈念する神事であることから、日田市は例年通りの開催を決めました。今年は、災害から復興する願いを託して山鉾9基が巡行しています。夜は、時折、雨が降りましたが、花月川が氾濫して浸水した豆田地区でも男衆が山鉾を曳きました。日田市にでていた、土砂災害警戒情報は先ほど解除されましたが大雨警報がでています。


明日の動き 2017/7/24(月)

  • 九州北部豪雨で農業被害がでたJAグループ大分が広瀬知事に激甚災害の迅速な指定や財政措置などを要請する
  • 別府市と日本航空とAPUが観光やインバウンド誘致などに関する包括連携協定を結ぶ
  • 第12回若年者ものづくり競技大会に出場する県代表選手の壮行会が県庁で行われる