最新のニュース

大型の台風17号は午後9時半現在、大分県に最も接近しているとみられ、暴風、うねりを伴った高波などに警戒が必要です。台風17号は午後9時には対馬市の南にあり、北北東に進んでいるとみられます。現在台風は県内に最も接近し、県の北部と西部は風速25メートル以上の暴風域に入っています。台風の接近に伴い、佐伯市蒲江では午後8時過ぎ、最大瞬間風速が27.2メートルに達したほか、豊後高田市では9月の観測史上最大となる23.5メートルを観測しました。県内は23日朝にかけて非常に強い風が吹く見通しで、最大風速は海上で25メートル、陸上20メートルと予想されています。また波の高さはうねりを伴い、最大6メートルの予想です。大分地方気象台は引き続き暴風やうねりを伴った高波、土砂災害に警戒を呼びかけています。


明日の動き 2019/9/23(月)

  • 大分市にあるおおいた動物愛護センターで親子ふれあい動物フェスタが初開催されます
  • 大分市で塚野鉱泉健康祭りが開かれます
  • 東九州自動車道の佐伯弥生パーキングエリアが完成し、午後3時にオープンします