最新のニュース

県内で27日、新型コロナウイルスへの感染が確認された海外渡航歴のある男女2人のうち、男性の濃厚接触者18人を検査した結果全員が陰性だったことがわかりました。県内では27日、今月14日にフィリピンから帰国した大分市の自営業の40代男性と今月25日にアメリカから帰国した別府市の10代女性に新たな感染が確認されています。県や大分市によりますと、28日男性の家族ら濃厚接触者18人のPCR検査を進めた結果、全員が陰性と判明しました。別府市の女性については同居する家族に対し、2週間の自宅待機を要請し健康調査を実施します。一方、海外から帰国した時に大分市の男性は福岡空港から、別府市の女性は大分空港からそれぞれ自家用車で帰宅したということです。県は2人の渡航先だったフィリピンとアメリカで感染した可能性が極めて高いとみています。


明日の動き 2020/3/30(月)

  • 令和6年から県内全消防局が参加して消防指令業務の運用を開始するため大分市で知事と市町村長が協議する
  • 大規模災害時に災害応急や復旧活動を円滑に実施するため事業者と団体と行政機関が県庁で協定を結ぶ
  • 都町応援プロジェクト第2弾として大分市都町で働く人達を対象に融資に関する説明会を開催する