最新のニュース

春の全国交通安全運動初日の6日、大分市の別大国道で走行中の自転車が停車中の白バイに衝突しました。6日午前10時ごろ、大分市白木の別大国道で、走行中の自転車が停車中の白バイに衝突しました。この事故で、自転車を運転していた10代の男性が転倒し、病院に運ばれましたが命に別状はないということです。また、白バイを停めていた県警交通機動隊の男性巡査にけがはありませんでした。警察によりますと、事故当時、男性巡査は路側帯の中で乗用車の交通違反処理をしていたということです。警察は自転車を運転していた男性が前をよく見ていなかった可能性もあるとみて事故の詳しい原因を調べています。


明日の動き 2020/4/7(火)

  • 消防職員初任教育の入校式が県消防学校で行われます
  • 放流した稚アユを守るためドローンを使ったテグス張りが大野川で行われます
  • 豊後高田市の小中学生に地元の団体から手作りマスクが贈られます