最新のニュース

別府市の城島高原パークで2017年、ジェットコースターの点検をしていた作業員2人がはねられ死傷した事故で、警察は17日、業務上過失致死傷の疑いで当時の施設支配人と運行管理者、それに死傷した2人を含む4人を書類送検しました。2017年8月、別府市の城島高原パークで木製ジェットコースター「ジュピター」の試運転中に、レールを点検していた作業員2人がコースターにはねられました。この事故で、男性が死亡し、もう1人の男性も重傷を負いました。警察は、当時施設の支配人を勤めていた男性が作業の危険性を認識しながらも指導・改善を行わなかったことや、アトラクションの運行管理者の男性が、作業者が退避したかどうか確認せずにコースターを発進させたことが事故につながったと判断。また死傷者2人についても安全のためにコースターの運行中の作業を中断するといった注意義務を怠ったとして、あわせて4人を大分地検に書類送検しました。パークを運営する城島高原オペレーションズは「警察の判断を厳粛に受け止めて、今後もより一層安全対策を徹底したい」とコメントしています。


明日の動き 2019/1/18(金)

  • ラグビーワールドカップの先着販売が19日から始まるのを前に、大分駅や別府駅前でグッズなどの配布が行われる。
  • 海難事故や悪質化する密輸などに迅速に対応しようと、大分市で海上保安庁が緊急用電話番号「118番」をPRする街頭活動
  • 19日から始まる大学入試センター試験を前に会場設営をはじめ、各高校で激励会が開催される。