最新のニュース

夏の甲子園と地方大会の中止を受け県高野連は3日の臨時理事会で独自の県大会を原則無観客で行うことを決めました。夏の甲子園と地方大会中止を受けて、県高野連は3日臨時役員会を開き7月14日から別大興産スタジアムで県高野連が主催する独自の大会を開くことを決めました。しかし、新型コロナの感染拡大を防ぐために開会式は中止。原則無観客として、球場にはベンチ入りしていない選手をはじめ保護者や兄弟といった関係者だけ入場を許可します。ケガを防ぐためにベンチ入りメンバーは5人増やし、密にならないようベンチを2か所に分けます。希望に沿うよう選手には連盟への同意書の提出を求めチームの出場は学校長の判断となります。


明日の動き 2020/6/5(金)

  • 戦国時代では最大規模だったといわれる大友氏館跡庭園を復元した公園の一般公開が始まります。
  • 6月5日の環境の日に合わせ廃棄物処理業者らでつくる県産業資源循環協会のメンバーが街頭で不法投棄撲滅を呼びかけます。
  • 新型コロナウイルス対策として紫外線を照射し室内を殺菌する装置が大分市議会の全員協議会室に設置されます。