最新のニュース

プロ野球の広島東洋カープが9日新入団選手の発表会見を開きました。大分商業出身の森下暢仁投手は、キャプテンとして今年の春明治大学の38年ぶりの日本一に貢献しました。18歳以下の日本代表に選ばれるなど最速155キロの即戦力ピッチャーとして広島から1位指名を受けました。9日広島市のホテルでは660人ほどのカープファンが見守る中、新入団選手の発表会見が開かれ森下投手はプロとしての意気込みを語りました。森下投手の背番号は18。広島に新たに就任した佐々岡監督や、現在メジャーリーグで活躍する前田健太投手などこれまで歴代のエースがつけてきた番号です。これから森下投手は、来年の春季キャンプなどを経て開幕1軍入りを目指します。


明日の動き 2019/12/10(火)

  • 「大分トリニータを支える県民会議」が県庁で開かれる
  • 今年から秋のみ1回の開催となった県美展の日洋彫工展が県立美術館で始まる
  • 別府ロープウェイで総合防災訓練が行われ乗客の避難誘導や脱出訓練も実施される