最新のニュース

大分商業高校出身の森下暢仁投手がプロ野球ドラフト会議で広島カープから1位指名を受けました。令和の怪物、大船渡の佐々木朗希投手やこの夏、甲子園を沸かせた星稜の奥川恭伸投手と並び、ドラフトの目玉として注目された森下投手は広島が単独で1位指名、交渉権を獲得しました。


明日の動き 2019/10/18(金)

  • 高校生と大学生が県産食材を活用したおにぎりとスイーツの新商品を開発するコンテストの最終審査会が開かれます。
  • 県人権教育研究大会が臼杵市で開かれ、差別の現実を学んで教育や保育の場で実践するための様々な課題を話し合います。
  • ラグビーW杯で訪れた外国人客を楽しませようと侍と忍者に扮した100人が大分市中心部を練り歩きます。