• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H01120039944.mp4

サッカーJ2大分トリニータが2018シーズンの新体制を発表し、J1昇格に向け片野坂監督や選手が熱い思いを語りました。新体制発表会には就任3年目を迎える片野坂知宏監督や新加入選手ら14人が出席しました。まず、大分FCの榎徹社長が今シーズンのスローガンを発表。目標に向け勇気をもって前に進むことをあらわす「勇往邁進」に決まりました。このあと片野坂監督が勝ち点70、リーグ戦6位以内を目指すと決意を語りました。新加入選手は10人で、鹿児島から移籍してきた藤本選手はJ3リーグ2年連続の得点王で、チームの決定力不足解消を期待されています。また、丸谷選手が広島から5年ぶりに復帰。豊富な運動量が特徴のボランチで2012年にはトリニータのJ1昇格に貢献しました。J2リーグの開幕は2月25日、アウェイで栃木SCと対戦します。