• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H01120043833.mp4

農業系高校で学ぶ生徒が育てた野菜や加工品などを一堂に販売するイベントが、大分市で開かれています。農業系学科がある県内の高校9校は実習の成果を広く知ってもらおうと、農産品を一堂には集めて販売する合同収穫祭を毎年開催しています。会場には生徒が丹精込めて育てた野菜や果物をはじめ、オリジナルの加工品などが販売されています。中でも鉢植えの花は人気が高く、すぐに売り切れる商品もありました。このイベントは12日午後2時まで大分市のJR大分駅北口駅前広場で開かれていて、生徒による神楽の披露やフラワーアレンジ教室など多彩な催しが予定されています。