• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H01130039951.mp4

大学入試センター試験が13日から始まり、県内は約3800人が試験に臨みました。大学入試センター試験は13日と14日の2日間、県内5つの大学を会場に実施されています。このうち大分大学旦ノ原キャンパスでは各高校ごとに受験生が集まり、試験を前に掛け声をあげて気合いを入れていました。13日は午前中に「地理・歴史・公民」、午後に「国語」、「外国語」、「英語のリスニング」が実施されました。県内の志願者数は去年より7人少ない3,829人となっています。14日は数学と理科の試験が実施されます。会場となっている5つの大学によりますと、13日の試験でトラブルはなかったということです。