• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H01140043846.mp4

豊後高田市では空手道の寒稽古が開かれ、参加者が冷たい海水に浸かり、心と体を鍛えました。県空手道連盟の高田グリーンクラブでは心身の鍛錬を目的に毎年、寒稽古を実施しています。14日は6歳から43歳までのおよそ50人が参加し、気温4度の寒さのなか海に入っていきました。参加者は身体を震わせながら威勢の良い掛け声とともに「正拳突き」を繰り出し、気合を入れて稽古に励んでいました。高田グリーンクラブは「心と身体を鍛えてけがや病気をすることなく1年間、空手道に励みたい」と話しています。