• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H01140043848.mp4

日田市の伝統行事「もぐら打ち」が行われ、子ども達が地区の家々をめぐり1年の豊作を願いました。「もぐら打ち」は竹の先にワラを巻きつけた「わらぼて」を使って地面を叩き、田畑を荒らすもぐらを追い払うことで五穀豊穣を願う日田市の伝統行事です。14日は月出町地区の子ども達13人が地域の49戸の家々を周り、独特な歌に合わせて元気よく庭や玄関先の地面を叩いて今年の豊作を祈願しました。また、14日は赤飯に混ぜて炊いた竹筒の中に入っているあずきの数で1年の運勢を占う「粥だめし」も行われ、子どもたちが運試しを楽しんでいました。月出町地区の住民は「今後も地元の伝統行事を子ども達に伝えていきたい」と話しています。