• いまドキ!
  • 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H01140047672.mp4

2月から開幕するスーパーラグビーを前に、日本チームのサンウルブズが別府市で、合宿をスタートさせました。サンウルブズは2016年から世界最高峰のスーパーラグビーに参戦していて、おととしから毎年、別府市で合宿を実施しています。合宿初日の13日は日本代表経験がある布巻峻介選手をはじめ、28人が参加。サインプレーの連携を確認した後、試合形式の練習で汗を流しました。また、ラグビーファンという福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手もグラウンドを訪れ、選手を激励しました。サンウルブズは今月22日まで別府市で調整を続け、来月15日に福岡市で行われる開幕戦に臨みます。