• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H02140040307.mp4

中津市の神社で、から揚げ専門店の店主らが出席して、食材に感謝の気持ちを捧げる「鶏供養」が行われました。鶏供養は、中津市内の専門店でつくる「聖地中津からあげの会」が毎年、実施していてきょうは加盟する17店舗の店主らが出席しました。中津大神宮で行われた神事では、各店舗で作った8・5キロのから揚げが祭壇に供えられ、出席者が食材への感謝の気持ちを捧げるとともに商売繁盛を祈願しました。市内には現在、から揚げを提供する店がおよそ60店舗あり、1日に消費する鶏肉は3トンにのぼるということです。聖地中津からあげの会の加盟店では、去年9月のイベントで提供し人気を集めた「マンガにくからあげ」を4月1日から販売する予定です。