• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H03140044505.mp4

大分のブランド牛「おおいた和牛」を使った寿司が開発されました。今回、開発されたのはその名も「おおいた和牛寿司」です。今年9月に開幕するラグビーワールドカップなど外国人観光客らにおおいた和牛をPRしようと県鮨商生活衛生同業組合などが開発しました。14日は関係者10人が県庁を訪れ、広瀬知事に経緯を報告しました。この後広瀬知事がおおいた和牛のモモやバラ肉をローストビーフや生ハムに加工したにぎり寿司を試食し出来栄えを確かめました。「おおいた和牛寿司」はあすから県鮨商生活衛生同業組合に加盟する県内20店舗で提供されます。