• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H03150044523.mp4

宇佐市の小学校に勤める女性臨時講師が受け持ちの児童の宿題プリントの解答を自身のSNSに投稿していたことが分かり、市教委が謝罪しました。宇佐市教委によりますと投稿をしていたのは市内の公立小学校に勤める20代の女性臨時講師です。この女性臨時講師は今月8日と10日の2回にわたり受け持ちの児童の宿題プリントの一部を写真に撮り、自身のインスタグラムに投稿したということです。インスタグラムには写真とともに「面白い」などのコメントも記載されていて、市教委の聴き取りに対し女性臨時講師は「子どもの解答が素直で、かわいらしかったので投稿した」と話しているということです。