• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H04160040971.mp4

今回の山崩れを受けて、県が現場周辺の急傾斜地を調べた結果、大規模な崩壊につながる前兆は見られなかったものの、10ヶ所で定期的な巡回が必要となっています。県は16日、今月12日と13日の2日間にわたり山崩れの現場に似ている地形で実施した緊急点検の結果を公表しました。中津市と玖珠町の金吉川沿いの急傾斜地78か所ではひび割れや湧水など大規模な崩壊につながる前兆はみられませんでしたが、このうち10か所で小規模な崩落や斜面に石が浮いた状態が確認されたということです。県は応急対策は必要ないとしていますが、梅雨時期に向けて定期的な巡回を実施することにしています。また、該当する地域の住民に対しては市町村を通じて情報を提供する方針です。