• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H04200037238.mp4

大分労働局は去年11月に実施した立ち入り調査の結果、県内53の事業所で違法な長時間労働や残業代の未払いなどが確認されたと発表しました。大分労働局は去年11月、労災請求があった企業など、労働基準関係法令の違反が疑われる県内69の事業所を立ち入り調査しました。その結果、53の事業所で違反が確認されたときょう発表しました。具体的には、違法な時間外労働や休日出勤が25件、残業代の未払いが1件などとなっています。大分労働局は各事業所に対し、業務を改善するよう文書で通知しました。