• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H04200037239.mp4

大分市の高校で「包丁入魂式」が行われ、調理師を目指す新入生が目標に向かって決意を新たにしました。大分市の福徳学院高校では、技術の向上と調理実習での安全を願って、毎年、包丁入魂式を行っています。20日は、この春健康調理科に入学した、1年生32人が出席しました。神事の後、生徒を代表して薬師寺雅刀さんが、「将来の目標に向かい日々努力を重ねて、心と技術を磨いていきます」と、本格的な実習に臨む決意を表明しました。が学べるので洋食を一番頑張りたいなと思います)新入生は、野菜の切り方や包丁の研ぎ方など、これから1年をかけて日本料理の基礎技術を学びます。