• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H04210037249.mp4

大分地検の新しい検事正に佐野仁志氏が着任し、「県民の安心・安全を守るためにがんばりたい」と抱負を語りました。佐野仁志検事正は東京都出身で、東京大学法学部を卒業後、札幌高検刑事部長や名古屋地検岡崎支部長を歴任し、4月17日付けで大分地検の検事正に就任しました。着任会見で佐野検事正は「冷静に証拠と向き合い、県民に信頼してもらえる地検を目指したい」と抱負を語りました。また、2002年に富山県で起きた冤罪事件に関わった経験から「法と証拠に基づいて捜査や公判を遂行したい」と述べました。