• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H04210037250.mp4

春の登山シーズンにあわせて、くじゅう連山で森林保護に向けたパトロールが21日から始まりました。大分森林管理署はマナーを守って登山を楽しんでもらおうと毎年、春と秋の登山シーズンに森林保護員がパトロールを実施しています。きょうは九重町の長者原ビジターセンターで出発式が行われ、川畑宏二署長が活動に参加する6人に辞令を手渡しました。このあと、森林保護員は近くの湿原を歩いて回り、登山客にチラシを配って動植物の保護やゴミを持ち帰ることなどマナーを守るよう呼びかけました。このパトロールは今年7月まで実施され、期間中は樹木の生育状況を調査するほか、登山道の整備や危険か所の点検にも取り組みます。