• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H04210037253.mp4

観光客が増えるゴールデンウィークを前に観光地の飲食店で県職員が調理設備などを検査し衛生指導を行いました。観光客が増加するゴールデンウィークの観光施設で食中毒の発生を未然に防ごうと、県が毎年この時期に衛生指導を行っています。21日は県東部保健所の職員と食品衛生協会の指導員5人が、別府市の血の池地獄の飲食店を点検しました。職員らは調理場に消毒液やマスクが設置されているか?食材の温度管理に不備が無いかなどを確認しました。また、汚れの量を測るATP検査で、細菌が発生していないかを調べました。きょうの検査では問題はなかったということです。ゴールデンウィークに向けて県は衛生監視を強化します。