• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H05160041312.mp4

大分市の国道で、15日夜、横断歩道を歩いて渡っていた女性が、乗用車にはねられ大けがをしました。警察は車を運転していた会社員の男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。15日午後8時すぎ、大分市里の国道197号の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた大分市の女性美容師が、右折してきた乗用車にはねられました。女性は肋骨を折るなどの大けがをしましたが、命に別状はないということです。現場は、信号機が設置された見通しのよい交差点です。警察は車を運転していた臼杵市中尾の会社員、井餘田和哉容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。警察は、井餘田容疑者の前方不注視が事故につながったとみて、調べを進めています。