• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H05170041328.mp4

無免許でクロマグロを養殖していたとして、佐伯区検は漁業法違反の罪で佐伯市の水産会社と社長の男性を略式起訴しました。漁業法違反の罪で略式起訴されたのは、佐伯市の戸高水産と社長の男性です。戸高水産は2014年7月から去年8月にかけて、無免許でクロマグロを養殖していたとして、今年3月に佐伯海上保安署が書類送検していました。戸高水産は長崎県の業者から購入したクロマグロの稚魚を養殖したのち、県の内外の業者におよそ230匹を販売し、去年8月までに3900万円を売り上げていたということです。クロマグロの違法養殖をめぐる摘発は海上保安庁として全国で初めてで、佐伯区検は16日付けで戸高水産と社長の男性を佐伯簡易裁判所に略式起訴しました。