• 「新型コロナに負けるな!」ビデオメッセージはコチラから
    「新型コロナに負けるな!」ビデオメッセージはコチラから
  • いまドキ!

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H06290049354.mp4

シリーズいまドキ#飛躍が期待される県内企業の優れた技術や製品を伝える「令和に翔ぶモノ」。29日は真珠製品が今年農林水産大臣賞に輝いた佐伯市のオーハタパールです。佐伯市で真珠を養殖して販売するオーハタパールは1950年に創業。今年2月には全国花珠真珠品評会で最高賞の農林水産大臣賞を受賞。しかし新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に思わぬ打撃を受けました。オーハタパールの優れた技術は核のまわりに形成される真珠の層の厚さ「巻き」と光沢「テリ」です。全国品評会で何度も高く評価されています。アコヤ貝は母貝から育てています。美しい真珠を育てるためには熟練の技術を要します。アコヤ貝の外套膜を切り出して2ミリに切り揃えます。母貝の内臓を傷つけないように道を作り貝殻を丸く研磨した核を入れます。「核入れ」です。核を外套膜にくっ付けると波の静かな海に20日間漬け次に筏に移しておよそ1年半成長を待ちます。父親から受け継いで16年、2代目社長は苦難の連続でした。真珠を育成する漁場はリアス式海岸でエサとなる良質なプランクトンに恵まれた佐伯湾。しかし近年の地球温暖化など今後の対策に悩みは尽きません。