• OBS 2019参議院選挙
  • いまドキ!
  • 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H07120045792.mp4

大規模な災害に備えて連携を強化しようと、消防と警察が12日、由布市で防災訓練を実施しました。
この防災訓練は由布市消防本部と大分南警察署が連携を強化しようと、毎年実施しています。訓練は日向灘沖を震源とする震度6強の揺れを観測し、土砂崩れや家屋の倒壊が発生した想定で行われました。訓練では消防と警察の捜索隊が土砂崩れ現場でけが人を発見して救出したあと、救護所で応急手当をし、防災ヘリコプターを使って病院に運びました。また、倒壊した家屋では県警の機動隊が倒れた木をチェーンソーで切断し、けが人を救出しました。由布市消防本部は訓練を通じて、大規模災害に備えたいと話しています。