• OBS 2019参議院選挙
  • いまドキ!
  • 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H07120045793.mp4

12日開幕した臼杵祇園まつりで、曳出し行事に参加していた54歳の男性が、山車にひかれ、意識不明の重体となっています。きょう午後8時20分頃、臼杵市の辻ロータリー南側で祇園まつりの山車に男性が両足をひかれました。この事故で臼杵市臼杵の介護士、河村辰彦さん(54)が市内の病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。まつりの実行委員会によりますと当時、ロータリーでは2基の山車がスピードを上げて行き交う「辻出会い」が開催されていました。河村さんは山車をひく男衆を先導する役目で、バランスを崩して転倒し、車輪にひかれたとみられています。事故を受けて実行委員会は12日夜のまつりを急遽中止とし、今後の行事は13日協議して決めることにしています。