• 「新型コロナに負けるな!」ビデオメッセージはコチラから
    「新型コロナに負けるな!」ビデオメッセージはコチラから
  • いまドキ!

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H08010049697.mp4

大分市の県護国神社で夏の風物詩、梅の土用干しが行われました。
大分市の県護国神社では毎年、境内に植えられているおよそ100本の豊後梅から実を収穫し、梅雨明け後に土用干しを行っています。晴れ間が広がった1日は神職と巫女が梅の入ったざるを屋外に設置し、実が重ならないように丁寧に並べていきました。およそ500キロ準備された梅は3日間干し、太陽の光を浴びることで色付きが進み、風味も豊かになるということです。1日の県内は日田市で35度以上の猛暑日を観測するなど厳しい暑さとなりました。