• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H08100042295.mp4

県産の露地カボスが本格的な出荷シーズンを迎え、10日旬入りが宣言されました。暑さの影響で例年より1週間ほど早い旬入りです。県産カボスは全国一の生産量を誇り露地物はこれから本格的な出荷シーズンを迎えます。10日は、大分市公設地方卸売市場で県や市場関係者らが出席して旬入り宣言式が行われました。このあとのセリでは、1キロ当たりの平均が去年より69円安い450円で取り引きされました。今年は暑さの影響で生育が早まり、例年より1週間ほど早い旬入りとなったため、全体的に小ぶりですが品質は良いということです。また、晴天が続いたことで豊作となり、去年よりもおよそ2000トン多い5800トンの生産量を見込んでいて、九州を中心に全国各地に出荷されます。