• いまドキ!
  • 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H08140046143.mp4

お盆休みに台風が直撃へ。15日にかけて大雨や暴風などに厳重な警戒が必要です。四国・九州沖を北上する台風10号は15日にかけて四国に接近・上陸し、その後、西日本を縦断する見通しです。県内は15日未明から明け方にかけて全域が風速25メートル以上の暴風域に入り、台風が最も接近するのは、15日朝から昼前とみられています。台風の接近に伴い、風も強まり、15日にかけて予想される最大風速は海上が27メートル、陸上で20メートルとなっています。豊後水道はうねりを伴って大しけとなり、波の高さは最大9メートルの予想です。また台風周辺の暖かく湿った空気の影響により、県内は15日未明から昼前にかけて1時間に最大80ミリの猛烈な雨となるおそれがあります。15日午後6時までの24時間に予想される雨の量は県の南部で500ミリ、中部・西部が400ミリ、北部で300ミリとなっています。現在、佐伯市や大分市など7つの市のおよそ23万7000世帯、78万人余りに警戒レベル3にあたる高齢者等・避難準備情報が出されています。お盆休みの最中に接近する台風10号。うねりを伴った高波、土砂災害、河川の増水や氾濫などに厳重な警戒が必要です。