• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H09130042624.mp4

ジオパークの業務委託をめぐる汚職事件で県職員が逮捕されたことに対し県の山本生活環境部長は13日の県議会で謝罪したうえでジオパーク活動を今後も推進していく方針を示しました。第3回定例県議会は13日、一般質問2日目をむかえました。県民クラブの玉田輝義議員が質問にたち、「ジオパークの取り組みを推進していた県職員が収賄容疑で、逮捕されたことを受けて、今後の事業展開や来年大分県で開催される全国大会への取り組みについて」県の姿勢を質しました。これに対し、県の山本章子生活環境部長は職員の逮捕を謝罪した上で今後の方針を示しました。日本ジオパークの全国大会は、来年11月に豊後大野市や姫島村など県内を会場に開かれることになっています。