• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H09140042635.mp4

別府市と由布市で後期高齢者医療保険料の還付手続きにミスがあり、合わせて6人に22万円あまりを返還していなかったことが分かりました。
別府市は今年7月県後期高齢者医療広域連合から「過去の医療保険料に誤りがある」と指摘を受けました。市が調査した結果、2012年度と13年度分において、所得の修正などに伴う保険料の還付手続きにミスがあり、3人分の合わせて17万5000円あまりを返還していなかったことが分かりました。市は「手作業で行った事務処理に漏れあった」としています。また、由布市でも2008年度分について3人に対し合わせて4万8000円あまりの還付ミスがあったということです。別府市と由布市は対象者に謝罪し、今後早急に返還する方針です。