• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H09140042638.mp4

今週は救急医療週間です。大分市の小学校で14日、救急講習が開かれ、子どもたちが応急手当ての手順を学びました。
厚生労働省は毎年9月9日からの1週間を「救急医療週間」と定めています。14日は大分市の横瀬小学校で救急講習が開かれ、6年生57人が応急手当ての手順を学びました。子どもたちは市消防局の救急救命士から説明を受けたあと、実際に人体模型を使って圧迫した回数を数えながら心臓マッサージを施しました。また、子どもたちはAEDの使い方についても説明を受けました。大分市消防局は今後も「市内の小・中学校で救急講習を開催し、初動対応の大切さを教えていきたい」と話しています。